総合 総合 sougou

  • 印刷
バレンタインウイーク用ののぼりを手にする(左から)桂あやめ、林家染雀=神戸新開地・喜楽館
拡大
バレンタインウイーク用ののぼりを手にする(左から)桂あやめ、林家染雀=神戸新開地・喜楽館
氷室神社の愛のポスト(喜楽館提供)
拡大
氷室神社の愛のポスト(喜楽館提供)

 バレンタインデーにちなみ、“関西最強の恋愛パワースポット”として知られる氷室神社(神戸市兵庫区)の協力も得た寄席が2月8~14日、神戸新開地・喜楽館(同区)で開かれ、恋愛や夫婦にちなんだ落語や浪曲を毎日1席以上披露する。恋の手紙を投かんできる同神社の「愛のポスト」も設置。恋愛成就や家庭円満を願う機会としてPRする。

 同神社は縁結びで知られる大国主大神、「恋愛弁天」の愛称がある市杵島比売命を祭る。愛のポスト(愛の手紙は1通200円)やハート形絵馬の奉納が人気を集める。

 喜楽館は恋愛弁天ののぼりなどを会場に設置。落語の物語を基に恋愛運を描いたオリジナルおみくじを男女別に渡す。

 寄席「バレンタインウイーク」は各日6席の落語と、浪曲か「姉様キングス」の音曲漫才のどちらか1席を予定する。「姉様-」の桂あやめと林家染雀は「恋愛やチョコレートにちなんだネタを入れたい。恋人募集中の人だけでなく、若いカップルや長年連れ添ったご夫婦にも来てほしい」と話す。

 午後2時開演。一般前売り2300円(当日2800円)ほか。新型コロナウイルス感染防止のため客席数を制限する。喜楽館TEL078・335・7088

(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(2月27日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 11℃
  • 5℃
  • 0%

  • 10℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ