総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県姫路市は30日、10歳未満の未就学児から80代までの男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人は市内の医療機関に勤める30代女性2人で、いずれも現在までにクラスター(感染者集団)の発生している施設の職員ではないという。

 2人はそれぞれ別の医療機関に勤務。1人は26日に陽性が分かった60代患者の接触者で、一度はPCR検査で陰性だったが、体調が優れず再検査したところ陽性と診断された。

 もう1人は、加東健康福祉事務所管内で軽症と診断された。この女性と接触のあった職員、患者がPCR検査を受けたところ、80代の女性患者の感染が判明した。無症状という。

 そのほか12人が感染し、70代男性と80代女性が中等症だった。また、中等症で入院中だった高齢者2人が死亡し、市民の死者は60人になった。

 県も30日、赤穂健康福祉事務所(相生市、赤穂市、上郡町)管内で30代男性1人が感染したと発表した。(勝浦美香)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ