総合 総合 sougou

  • 印刷
「惑星スミスでネイキッドランチを」に出演する佐藤江梨子(撮影:向濱“ムッケン”明彦)
拡大
「惑星スミスでネイキッドランチを」に出演する佐藤江梨子(撮影:向濱“ムッケン”明彦)
たしろさやか(撮影:向濱“ムッケン”明彦)
拡大
たしろさやか(撮影:向濱“ムッケン”明彦)
すぎもとみさき(撮影:向濱“ムッケン”明彦)
拡大
すぎもとみさき(撮影:向濱“ムッケン”明彦)

 兵庫県の尼崎の架空の風俗店が舞台の連続ドラマ「惑星スミスでネイキッドランチを」が4月から、サンテレビで放送される。神戸ゆかりの佐藤江梨子がクールな「女王様」として登場。客に信頼され、どんな愛情も受け止める。

 同テレビは開局50周年を迎えた2年前、初の連続ドラマで古着屋が舞台の「元町ロックンロールスウィンドル」(島田角栄監督、鳥居みゆき主演)を放送した。好評だったことから、第2弾を企画。島田監督のオリジナルストーリーを採用した。島田監督は18年、尼崎市出身の作家・中島らもの遺作「DECO-CHIN」を映画化している。

 撮影は兵庫と大阪を中心に、オール関西ロケで行われた。兵庫は尼崎市の商店街、神戸市北区の「あいな里山公園」、西宮市の甲子園浜などで実施した。

 主演の佐藤は7歳から6年間、神戸市東灘区で過ごした。13歳で阪神・淡路大震災を経験し、同級生を亡くした。震災15年のNHKドラマ「その街のこども」(2010年)にも出演している。

 今回は1話完結で13話構成。佐藤が演じるのは尼崎の路地裏にあるSMクラブの女王・志穂。同僚2人と共に客の愛を受け止める。純愛を貫くヤクザ、相方を亡くした女漫才師…。さまざまな人が癒やしを求めて集まる。

 佐藤の同僚は、たしろさやか、すぎもとみさきが務める。それぞれ天然ボケ、推理の才能がある役を演じる。他に渋川清彦、全日本国民的美少女コンテストでグランプリを受賞した工藤綾乃、ひとり芸日本一を決める「R-1ぐらんぷり」で何度か決勝進出を果たしたマツモトクラブ、「ザ・プラン9」のおーい!久馬、バンド「アーバンギャルド」の松永天馬を起用している。

 佐藤は今回の役を「とても不器用だけど一生懸命に生きている女性。作品の世界観にパンチが効き過ぎていて撮影中はビックリの連続でしたが、楽しかった」と話している。(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(5月14日)

  • 25℃
  • 18℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 29℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ