総合 総合 sougou

  • 印刷
校舎上に表示されるポイントにペグマンを合わせると、校舎内の写真が表示される。現在は削除されている
拡大
校舎上に表示されるポイントにペグマンを合わせると、校舎内の写真が表示される。現在は削除されている
グーグルマップで表示された神戸大付属小学校の校舎。現在は削除されている
拡大
グーグルマップで表示された神戸大付属小学校の校舎。現在は削除されている

 神戸大学付属小学校(兵庫県明石市山下町)が、校舎内の360度画像をインターネットの「グーグルマップ」上に多数公開したところ、一部の保護者から防犯上の問題を指摘され、削除していたことが分かった。高校や大学では施設のPRにグーグルマップを活用する動きもあるが、小学校は2001年の大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)事件以降、校舎のつぶさな情報開示に安全面の懸念が残る。同校は「保護者の不安に思い至らなかった」と説明している。

 「インターネットの地図サイトに、子どもが通う小学校の校内写真がたくさん出ている。悪用されないか心配」という声が、神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」に寄せられた。

 グーグルマップで神戸大付属小を探し、確かめた。マップ上で人形のアイコン「ペグマン」を校舎の上に移動させると、約50のポイントが表示された。うち一つにペグマンを合わせると、画像が表示され、360度を見渡せた。

 「ストリートビュー」機能の一環で、画像内に表示される矢印を押せば、校舎内の別の地点に移動できる。階段や児童のいない教室、廊下などが確認できた。撮影は「2015年3月」などとある。

 同校に取材した。担当者によると、同校は14年、校舎の大規模改修を実施。保護者や卒業生らにお披露目するために、校舎内各地点の360度画像の公開を、撮影業者に依頼したという。

 だが、19年11月、保護者から不安の声が寄せられ、同校は業者に削除を依頼。だが、約50地点の画像は消去されず、保護者から再び指摘があった。同校は再度削除依頼を出し、本紙取材後の2月上旬以降、全画像が表示されなくなった。

 同校の副校長は「保護者や卒業生らにきれいになった校舎内を見てもらう目的だったが、防犯意識が足りなかった。削除にも時間がかかってしまった。保護者の皆さんにもきちんと説明したい」としている。

 一方、兵庫県内の複数の高校、大学は広報目的でグーグルマップに画像を公開している。県立高校の教頭は「受験生やその保護者に校内の様子を知ってもらいたい。特に20年度は新型コロナウイルス禍でオープンハイスクールが開けなかったので、学校の雰囲気を知るために利用された方も多いのでは」と話す。

 また、福島県の福島第1原発周辺5町村では、同原発事故後、立ち入りが禁止されて休校園中の幼稚園や小中学校などの施設内画像がグーグルマップに公開されている。施設を見たいという関係者の要望を受けたためという。(井上 駿)

【大阪教育大付属池田小事件】 2001年6月8日午前10時10分すぎ、大阪府池田市の同小校舎に、包丁を持った男=当時(37)=が侵入。教室にいた児童らを次々と襲い、1、2年の児童8人を殺害、教師を含む15人に重軽傷を負わせるなどした。国と学校は安全管理の不備を認めて謝罪。校門の施錠や防犯カメラの設置など、各地の学校が安全対策を強化する契機となった。

     ◇     ◇

 神戸新聞社は、読者の投稿や情報提供を基に取材を進める双方向型報道「スクープラボ」を始めました。身近な疑問や困りごとから、自治体や企業の不正告発まで、あなたの「調べてほしい」ことをお寄せください。LINEで友だち登録(無料)した後に投稿できます。皆さんと一緒に「スクープ」を生み出す場。ご参加をお待ちしています。

総合の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ