総合 総合 sougou

  • 印刷
真庭謙昌(まにわよしまさ)さん
真庭謙昌(まにわよしまさ)さん

 子どものころ、大学病院を舞台にした山崎豊子さん原作のテレビドラマ「白い巨塔」で、使命感を持つ医師らを見て外科医に憧れた。生まれ育ったのは、島根県の海沿いにある江津(ごうつ)市。夜中に熱を出して診てもらった開業医を「かっこええなあ」とは感じても、自分が医師になるとは思っていなかった。進路として真剣に考えたのは、高校で理数系クラスに入ってからだ。

 神戸大医学部に進学したのは「都会に憧れたから」。念願の医師になって5年後、阪神・淡路大震災を経験した。激震の直後に神戸・六甲アイランドの自宅から対岸を見ると、火の手が上がっているのが見え、車で神戸大病院に向かった。病院には厳しい状況の患者が次々と運ばれ、数十人の検視も経験した。医療の限界を感じる一方、患者一人一人の命の重みを、より強く感じるようになった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

総合の最新
もっと見る

天気(4月15日)

  • 19℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 2℃
  • 0%

  • 20℃
  • 9℃
  • 0%

  • 20℃
  • 7℃
  • 0%

お知らせ