総合 総合 sougou

  • 印刷
和田雅成(読売テレビ提供)
拡大
和田雅成(読売テレビ提供)
ハシヤスメ・アツコ(読売テレビ提供)
拡大
ハシヤスメ・アツコ(読売テレビ提供)
崎山つばさ(読売テレビ提供)
拡大
崎山つばさ(読売テレビ提供)
鈴木愛理(読売テレビ提供)
拡大
鈴木愛理(読売テレビ提供)

 2人だけの出演者で男女のふれあいを描くユニークな15分ドラマ2作が、3月5日からの金曜深夜、読売テレビで始まる。「ボクとツチノ娘の1ヶ月」は、動画投稿サイトで稼ごうとするユーチューバーとツチノコ人間との出会い。「140字の恋」は空想の彼女と実際の恋に陥る物語だ。

 「ボクとツチノ娘-」は、突然1億円の借金を背負ったボク(和田雅成)がユーチューバーとなって返済しようと考えるが、視聴者はゼロ。酒に救いを求めるべく押し入れを開けると、体はツチノコだが、顔は人間の女性をしたツチノ娘(ハシヤスメ・アツコ)がいた。ツチノ娘を利用し視聴者数を稼ごうとし、意外な人気を見せ始める。

 和田は舞台などで活躍する若手。「今回の役は等身大の自分に近く、出来事に素直に向き合う。そのあたりを見てほしい」。楽器を持たないパンクバンド「BiSH」のメンバーでもあるハシヤスメは「ツチノ娘は踊れて料理もできる謎多き存在。かわいいと思ってもらえる方が増えて、ツチノコブームが来てほしい」と話す。

 「140字の恋」は、事故で車いす生活になった粒谷脩平(崎山つばさ)が主人公。粒谷は140字に制限された小説に理想の彼女を描く。ある日、隣に引っ越してきた辻糸華(鈴木愛理)がその女性像と重なった。少しずつ2人は親しくなるが、糸華には秘密があった。

 ミュージシャンでもある崎山は「粒谷はかなり面白い脳を持った男。ドラマを見て日常の景色が少しでも広がってくれたら」。モデルでもある鈴木は「空想と現実を行き来するので、2人芝居なのに登場人物がたくさんいるような面白いドラマ」とアピールする。(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(4月20日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 26℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ