総合 総合 sougou

  • 印刷
剛力彩芽(ABCテレビ提供)
拡大
剛力彩芽(ABCテレビ提供)
劇団ひとり(ABCテレビ提供)
拡大
劇団ひとり(ABCテレビ提供)

 予選を勝ち抜いた出演者が即興で演技し、殺人犯を捜すドラマ「マーダー★ミステリー」が19日深夜、ABCテレビで放送される。物語自体は小説家が暮らす洋館での殺人が題材だが、出演者には「キャラクター設定」と「アリバイ」が与えられるだけ。台本も演技指導もない。「全員容疑者」になる可能性もある中、犯人役は犯行がばれないよう演技し、それ以外は犯人捜しに苦心するユニークな設定。緊張感漂い、予想外の展開が予想されそうだ。

 マーダーミステリー自体は最新の体験型ゲームの名。次世代の密室推理ゲームとして人気を集めており、中国市場では20億円を超えるコンテンツとなっている。日本でも「リアル脱出」や「人狼」に次ぐ新エンターテインメントとして注目されている。

 ドラマは小説家の蛍原晃夫妻が暮らす山奥の洋館「腐草館」が舞台。晃のミステリー小説の完成祝いで、縁のある人らが打ち上げの会食をした。その後、館内で突然悲鳴が聞こえ、編集者の遺体が見つかる。豪雨の悪天候で警察到着には時間がかかるため、居合わせた全員で死因を究明する。

 出演者は一般公募。プロ、アマを合わせた251人から浅川琴音、斉藤佑介、清水宏、ちなつ、はなむらちこ、松澤和輝、両角周の男女7人が選ばれた。他にストーリーテラーとして探偵の斑目瑞男役を劇団ひとり、助手・村城和兎役を剛力彩芽が務める。2人は視聴者目線で推理し、7人の演技力がドラマの展開を左右する仕掛けも注目だ。

 番組担当プロデューサーは「役者版で漫才の『M-1グランプリ』のような、即興力のある番組を作りたかった。新感覚ミステリーコンテンツからスター俳優が生まれれば」と話していた。(金井恒幸)

総合の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ