総合 総合 sougou

  • 印刷
インターネットで合格を確認後、担任(右)のもとへ報告に訪れる生徒たち=9日午前、神戸市長田区池田谷町2、長田高校(撮影・吉田敦史)
拡大
インターネットで合格を確認後、担任(右)のもとへ報告に訪れる生徒たち=9日午前、神戸市長田区池田谷町2、長田高校(撮影・吉田敦史)
合格の報告に訪れ、教諭たちと喜び合う受験生=9日午前、神戸市長田区池田谷町2(撮影・吉田敦史)
拡大
合格の報告に訪れ、教諭たちと喜び合う受験生=9日午前、神戸市長田区池田谷町2(撮影・吉田敦史)

 神戸大(神戸市灘区)など一部の国公立大学が9日、一般入試前期日程の合格者をホームページ(HP)で発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨年に続き、合格者の掲示を取りやめる大学が多く、インターネット上で確認した受験生たちは早速、高校に出向いて恩師に報告した。

 神戸大は同日午前10時、HPで合格者の受験番号を発表。10学部の受験生5906人のうち、2052人が合格した。キャンパス内での掲示は密を避けるため、今年も見送った。

 兵庫県立長田高校(神戸市長田区)では、ネットで合否を確認した受験生から電話がひっきりなしに鳴った。教諭らは合格の一報に「おめでとう。よかったね」と喜びを分かち合った。

 報告に来た同校3年の松崎桂司郎さん(18)は大阪大医学部医学科に合格。「コロナの状況を見ても医師は厳しい仕事だと思うが、しっかり勉強して外科医を目指したい」と話した。

 県内のほかの国公立大の前期日程合格者は、兵庫教育大=88人▽兵庫県立大=650人▽神戸市外国語大=311人▽神戸市看護大=55人。(斉藤絵美)

総合の最新
もっと見る
 

天気(5月22日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ