総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
神戸製鋼所の石炭火力発電所増設を巡る訴訟で、大阪地裁の判決後に抗議の意思を表明する原告住民と弁護士たち=15日午後4時3分、大阪府大阪市北区西天満2
拡大
神戸製鋼所の石炭火力発電所増設を巡る訴訟で、大阪地裁の判決後に抗議の意思を表明する原告住民と弁護士たち=15日午後4時3分、大阪府大阪市北区西天満2

 神戸製鋼所が神戸市灘区で進める石炭火力発電所の増設を巡り、周辺住民ら12人が、大気汚染への配慮を欠いた同社の環境影響評価(環境アセスメント)を認めた国の「確定通知」は違法として、通知の取り消しを求めた行政訴訟の判決で、大阪地裁は15日、訴えを退けた。

 争点となった確定通知は、環境アセスの最終段階で事業者が提出する「環境影響評価書」に対して経済産業相が出す。神鋼には2018年5月、増設計画の内容に変更の必要はないとの判断を示した。住民側は、神鋼のアセスはCO2や微小粒子状物質「PM2・5」の排出について必要な検討がないと指摘。アセスと通知の違法性を主張していた。

 新たな発電所は18年10月に着工し、神鋼は2021~22年度の稼働を目指している。増設を巡っては、周辺住民ら40人が計画の差し止めを求めた訴訟も神戸地裁で審理中。

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月27日)

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 28℃
  • 18℃
  • 10%

  • 28℃
  • 20℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ