総合 総合 sougou

  • 印刷
オンライン面会のため、コロナ患者にタブレット端末を見せる病院スタッフ=加古川市平岡町新在家、東加古川病院(同病院提供)
拡大
オンライン面会のため、コロナ患者にタブレット端末を見せる病院スタッフ=加古川市平岡町新在家、東加古川病院(同病院提供)
感染対策で区域を分けるため「ハイレマセン(入れません)」と示されたバリケード=加古川市平岡町新在家、東加古川病院(同病院提供)
拡大
感染対策で区域を分けるため「ハイレマセン(入れません)」と示されたバリケード=加古川市平岡町新在家、東加古川病院(同病院提供)

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が兵庫県内最多の202人に上った精神科病院「東加古川病院」(加古川市)の医師らが、神戸新聞社の取材に応じた。昨年末の感染確認から収束までに2カ月余りを要し、全入院患者のうち約4割の171人が感染したが、県全体の医療体制が逼迫しており、転院できたのはわずか2人(1%)。精神科病院特有の課題も浮き彫りになった。

 最初の陽性者が判明したのは昨年12月21日。その5日後には100人超に膨れ上がり、2月上旬まで断続的に新たな陽性者が判明した。同院の入院患者は約400人。陽性者202人中、85%の171人は入院患者で、半数超は60歳以上だった。当初は感染確認が2病棟に集中したが、最終的に全8病棟へと広がった。

 感染した入院患者のうち、高齢者ら約20人は中等症以上になった。だが、年末は県内で感染者が急増し、他の医療機関への転院は困難に。患者の家族が転院を望まないケースもあり、転院したのは透析が必要な2人だけだった。複数の患者が院内で死亡したという。

 感染拡大の背景には、精神科特有の問題があるとみられる。院内では普段、患者同士が生活訓練の場で交わったり、介助のため看護師らが患者に密接したりする。精神疾患や認知症の患者にマスク着用や手指消毒、行動制限への理解が得られにくいという面もある。

 対策の中心を担った同院の黒田優医師は「精神科病院ではクラスターが起こり得る。医師や看護師の人的支援ができる体制が必要」と指摘した。(門田晋一、井川朋宏)

【特集】目で見る兵庫県内の感染状況

総合の最新
もっと見る
 

天気(11月29日)

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 15℃
  • 1℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 2℃
  • 0%

お知らせ