総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
運行再開を待つ「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」=JR新大阪駅
拡大
運行再開を待つ「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」=JR新大阪駅
感染予防のために定員が4人から2人となる最高級の「ザ・スイート」
拡大
感染予防のために定員が4人から2人となる最高級の「ザ・スイート」
席の間隔を空けるためにテディベアが置かれた展望車
拡大
席の間隔を空けるためにテディベアが置かれた展望車
共有スペースの混雑状況を知らせるタブレット。奥は展望車で席の間隔を空けるために置かれたテディベア
拡大
共有スペースの混雑状況を知らせるタブレット。奥は展望車で席の間隔を空けるために置かれたテディベア
客室に料理を運ぶデモンストレーションを披露するクルー
拡大
客室に料理を運ぶデモンストレーションを披露するクルー

 JR西日本は、新型コロナウイルスの感染拡大で運休している豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の感染防止対策を29日、報道陣に公開した。4月14日に運行再開を控え、食事場所を食堂車から客室に切り替えるなどの対策を講じた。

 瑞風は昨年2月29日から運休。車両のメンテナンスを挟み、今年2月に運行再開を予定していたが、緊急事態宣言の再発令などで延期していた。

 再開に当たり、1両1室の「ザ・スイート」の定員4人を2人としたのをはじめ、全車両の定員も34人から28人に減らした。食事は客室で食べる時に適温となるよう計算し、訓練を重ねたクルーが運ぶ。

 展望車やバーカウンターなど共有エリアの人数は人工知能(AI)で認識し、車内に配備するタブレットに混雑状況を表示する。

 9月分まで完売するなど、コロナ禍でも瑞風の人気は高い。2017年の運行開始時から列車長を務める森祐水さん(39)は「ようやくお客さまとご一緒できる。新たなサービスで、瑞風をゆったり堪能してほしい」と話した。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(6月24日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

  • 27℃
  • 17℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

  • 30℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ