総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 任期満了に伴う兵庫県宝塚、伊丹市長選が4日告示された。伊丹は前回2017年が無投票だったため、8年ぶりの同日選挙となる。いずれも投開票は11日。

 宝塚市長選には、無所属の元県議森脇保仁氏(68)=自民推薦▽無所属の元自治会役員末永弥生氏(54)▽維新の元県議門隆志氏(54)▽無所属の弁護士山崎晴恵氏(51)-の新人4人が届け出た。3期で退任する中川智子市長の市政運営を継承するか刷新するかが問われる。

 山崎氏は中川市長の事実上の後継とされ、4日には立憲民主の桜井周・県連代表が応援に入り、共産も支援。7月の兵庫県知事選の前哨戦になるとの見方も強まっており、森脇氏は同日、井戸敏三知事や自民党県議団の来援を受けた。維新の県組織・兵庫維新の会は大阪との「総力戦」を掲げ、門氏の出陣式に片山虎之助共同代表らが駆け付けた。

 伊丹市長選には、共産新人の元市議加柴優美氏(69)▽無所属現職の藤原保幸氏(66)=自民、公明推薦▽無所属新人の元県議川井田清信氏(66)-の3人が立候補。市立伊丹病院の再編の在り方などが争点になるとみられる。5期目を目指す藤原氏を、兵庫維新の会も推薦しており、宝塚とは対照的な構図になっている。(山岸洋介)

立候補者動画と経歴はこちら

総合の最新
もっと見る

天気(5月14日)

  • 25℃
  • 18℃
  • 0%

  • 27℃
  • 15℃
  • 0%

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 29℃
  • 17℃
  • 0%

お知らせ