総合 総合 sougou

  • 印刷
5月21日に通常営業運行を終える3030号(山陽電鉄提供)
拡大
5月21日に通常営業運行を終える3030号(山陽電鉄提供)

 山陽電気鉄道(神戸市長田区)は、1969年から半世紀にわたった「3030号」の通常営業運行を5月21日に終了する。2019年からは、往年のツートンカラーに塗装されていた。引退を記念し、5月29日には貸し切り運行を計画。参加者を募集している。4月9日締め切り。

 3030号(4両編成)は69年のデビューから窓枠などが更新されていないオリジナルの鋼製車。山電は現在、新型車両「6000系」を導入しており、3030号は19年に定期検査を受けた後、21年中の引退が決まっていた。この2年間は、播磨灘の海と砂浜の色を表した「ネイビーブルー」と「クリームイエロー」の伝統カラーに彩って“復刻運行”してきた。

 貸し切り運行は5月29日午前11時半に東須磨駅を出発。車内には70年代前半から現在までのポスターを掲示する。終了は午後2時ごろ。行程の詳細は参加者に後日伝える。

 限定80人で参加費3500円(小学生以下は無料)。中学生以下は保護者が同伴する。雨天決行。4月9日午後4時59分までに、山電のホームページから申し込む。応募者多数の場合は抽選。山陽電鉄営業課TEL078・940・5132(平日午前8時半~午後5時半)(大盛周平)

総合の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • 20℃
  • 0%

  • 27℃
  • 17℃
  • 0%

  • 30℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

お知らせ