総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
コレクション作品を間近で見られる会場を紹介するコシノヒロコさん=8日午後、兵庫県立美術館(撮影・辰巳直之)
拡大
コレクション作品を間近で見られる会場を紹介するコシノヒロコさん=8日午後、兵庫県立美術館(撮影・辰巳直之)
コレクション作品を間近で見られる会場を紹介するコシノヒロコさん=8日午後、兵庫県立美術館(撮影・辰巳直之)
拡大
コレクション作品を間近で見られる会場を紹介するコシノヒロコさん=8日午後、兵庫県立美術館(撮影・辰巳直之)
多くの作品が並ぶコシノヒロコ展の会場=8日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1、兵庫県立美術館(撮影・坂井萌香)
拡大
多くの作品が並ぶコシノヒロコ展の会場=8日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1、兵庫県立美術館(撮影・坂井萌香)
多くの作品が並ぶコシノヒロコ展の会場=8日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1、兵庫県立美術館(撮影・坂井萌香)
拡大
多くの作品が並ぶコシノヒロコ展の会場=8日午後、神戸市中央区脇浜海岸通1、兵庫県立美術館(撮影・坂井萌香)

 世界的ファッションデザイナーの多彩な表現を伝える「コシノヒロコ展」(神戸新聞社など主催)が8日、神戸市中央区の兵庫県立美術館で開幕した。

 服飾と絵画で約450点。テーマ別に擬音・擬態語を冠した14の空間が誘う。鮮烈な色合いの「ルンルン」、続く「ビュー」では墨絵の妙味を、「ヒラヒラ」は妖精のような軽やかさを見せる。繊細な装飾、生地の質感など唯一無二の意匠に来場者は見とれていた。

 新型コロナウイルス禍で疲弊する人々を元気づけたいというコシノさん。「ファッションと芸術が交ざった世界をたくさんの人に見に来てほしい」。6月20日まで。(小林伸哉、坂井萌香)

総合の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ