総合 総合 sougou

  • 印刷
空を舞った花びらが地面へ。見頃は早くも終わろうとしている=高砂市阿弥陀町地徳
拡大
空を舞った花びらが地面へ。見頃は早くも終わろうとしている=高砂市阿弥陀町地徳

 桜の季節が終わりに差し掛かる中、兵庫県の加古川、高砂市にまたがる「播磨アルプス」を望む鹿嶋神社(同市阿弥陀町)では、ソメイヨシノの花びらが舞い、境内を薄いピンク色で覆っている。

 巨大な鳥居がそびえる神社周辺は自然公園になっており、ソメイヨシノやシダレザクラが咲く名所として知られている。神社によると、平年より1週間早い4月1日には満開を迎え、現在は散り始めだという。

 大阪市から参拝に訪れた女性(59)は「花吹雪の頃が一番好き。若葉の緑に希望を感じる」と静かに楽しんでいた。

 神戸地方気象台によると、9日午前の最低気温は神戸9・6度、姫路6・3度と平年をやや下回った。10日は放射冷却の影響でさらに下がり、神戸7度、姫路4度の予想となっている。(小林良多)

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

総合の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 60%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ