総合 総合 sougou

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 新型コロナウイルスの新規感染者が13日、過去最多の391人になった兵庫県。新規感染者に占める感染経路不明者の割合は56・5%(11日時点)で、政府の対策分科会が示す指標の「ステージ4」(爆発的感染拡大)相当(50%以上)が13日間続いている。県の担当者は「危機的な状況。不要不急の外出について慎重な判断を」と訴える。

 県によると、現在の第4波は第3波より若者の感染が多く、10~30代がほぼ半数を占める。リスクの高い場所で感染した若者が家庭や職場に持ち込んだと推定されるケースが大半で、経路を追いづらいという。

 13日の新規感染者は発表自治体別で、神戸市=193人▽姫路市=21人▽尼崎市=58人▽西宮市=39人▽明石市=29人▽県所管=51人。県は既に公表した感染者2人が重複していたとして取り下げ、累計患者は2万3288人となった。また県所管地域の70代男性の死亡を確認し、死者は計608人に。13日午前0時現在の病床使用率は73・1%(うち重症用70・6%)。

 兵庫県警はこのうち姫路、明石市の計4人が加古川署刑事2課員と明らかにした。11日にも同課で1人の感染が確認されていた。県警本部から6人が応援に入る。

 尼崎市教育委員会は、南武庫之荘中学校に勤務する教職員4人の感染を発表。同校は臨時休校している。明石市教委は同市内の中学生1人が感染したとし、同じクラスの生徒全員を自宅待機とした。(藤井伸哉、小谷千穂)

総合の最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ