総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県の新型コロナ対策本部会議と協議会の会合を前に、うちわを手にする兵庫県の井戸敏三知事=9日、神戸市中央区、兵庫県公館
拡大
兵庫県の新型コロナ対策本部会議と協議会の会合を前に、うちわを手にする兵庫県の井戸敏三知事=9日、神戸市中央区、兵庫県公館
「うちわ会食」の効果に懸念を示す神戸市健康局の花田裕之局長=14日午前、神戸市役所
拡大
「うちわ会食」の効果に懸念を示す神戸市健康局の花田裕之局長=14日午前、神戸市役所

 兵庫県は14日、新型コロナウイルス対策として提唱した「扇子・うちわ会食」に関して、まん延防止等重点措置が適用された神戸市など県内4市の飲食店に対し、15日にも始めるとしていたうちわの配送をいったん見合わせることを決めた。計32万本のうちわを配って会食時に口元をふさいでもらう狙いだったが、効果を疑問視する声が相次いでいた。県は今後の方針を週内に決めるという。

 「うちわ会食」は井戸敏三知事が9日に提唱。うちわで口元をふさぐことで飛沫の拡散を防いでもらおうと、同措置対象地域である神戸、尼崎、西宮、芦屋市の飲食店約1万6千店に20本ずつ、計32万本を配る計画だった。予算は約700万円を見込む。早ければ15日から配送するとしていたが、県のサイトには100件以上の批判的な意見が寄せられた。

 一方、神戸市内の飲食店にうちわを配布しないよう県に申し入れていた同市健康局の花田裕之局長は14日、報道各社の取材に応じ、「うちわ会食は推奨しない。かえって感染の危険性を高める可能性がある」と改めて懸念を示した。

 花田局長はうちわは口元に隙間ができることや使い回しの危険性があることなどを指摘し、「うちわでは会食中の飛沫感染を防げない。(配布は)うちわを使えば安全という誤ったメッセージになる」とも指摘した。(藤井伸哉、三島大一郎)

総合の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ