総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
飲食店へのうちわ配布中止について説明する井戸敏三知事=14日夕、兵庫県庁(撮影・中西幸大)
拡大
飲食店へのうちわ配布中止について説明する井戸敏三知事=14日夕、兵庫県庁(撮影・中西幸大)
飲食店へのうちわ配布中止について説明する井戸敏三知事=14日夕、兵庫県庁(撮影・中西幸大)
拡大
飲食店へのうちわ配布中止について説明する井戸敏三知事=14日夕、兵庫県庁(撮影・中西幸大)
兵庫県が新型コロナウイルス感染対策として配る予定だったうちわの見本=兵庫県庁
拡大
兵庫県が新型コロナウイルス感染対策として配る予定だったうちわの見本=兵庫県庁

 兵庫県は14日、新型コロナウイルス対策として、うちわ計32万本を神戸市など県内4市の飲食店に配る方針を撤回した。井戸敏三知事が「扇子・うちわ会食」として提唱したが、神戸市や県民らから効果を疑問視する声が続出し、わずか5日で取り下げた。井戸知事は「うちわで感染が防げるとは言っていない」と釈明し、若者らに配る啓発用に目的を変更する考えを示した。

 「うちわ会食」は口元をふさぐことで飛沫の拡散を防いでもらおうと、まん延防止等重点措置が適用された神戸、尼崎、西宮、芦屋市の飲食店約1万6千店に20本ずつ、計32万本を配る計画だった。

 ところが神戸市は「予防効果の検証が不十分。かえって感染の危険性を高める可能性がある」として、飲食店にうちわを配布しないよう13日に申し入れ。県のサイトには100件以上の批判的な意見が寄せられた。

 井戸知事は県内の新規感染者が500人を超え、2日連続で過去最多になったことなどを受け、記者団の取材に応じた。うちわは飲食店で使い回されることがあるとの懸念には「もっとも(な指摘)だ。飲食店に配るのは行き過ぎだった」と“反省”。大阪府の吉村洋文知事らが呼び掛けた「マスク会食」や、会話を控える「黙食」も守られていない実情があるとし「うちわで防ぐような対応があってもいいという提案だった」と強調した。

 だが、うちわを使った会食を勧めていると誤解されかねないとして、中止を決断したという。

 (藤井伸哉、谷川直生)

総合の最新
もっと見る

天気(5月10日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 20%

  • 23℃
  • 10℃
  • 30%

  • 24℃
  • 14℃
  • 10%

  • 27℃
  • 12℃
  • 10%

お知らせ