総合 総合 sougou

  • 印刷
兵庫県が新型コロナウイルス感染対策として配る予定だったうちわの見本=兵庫県庁
拡大
兵庫県が新型コロナウイルス感染対策として配る予定だったうちわの見本=兵庫県庁

 兵庫県の井戸知事が提唱して撤回した「扇子・うちわ会食」について、県民はどう受け止めたのか。14日夜、神戸・三宮の繁華街では「マスク会食より手軽」と感じた人もいる一方、「効果はなさそう」と冷ややかな声が目立った。

 神戸市北区の会社員女性(44)は、ツイッターで初めてうちわ会食の議論を知った。「パタパタあおぐの? あ、口を隠すのか。それじゃちょっと心もとない…」と首をひねった。

 会社員男性(34)=神戸市北区=は「そもそも会食自体を控えた方がいい」と冷静で、「もし税金で作ってしまったうちわがもうあるなら、感染対策ではなく、普通の用途で夏に配ってください」と注文を付けた。

 別の会社員男性(57)=同=は「マスク会食より手軽でいい」と好意的だったが、「うちわだと、かえって飛沫が飛ぶかも」と危惧もしていた。(谷口夏乃、井上太郎)

総合の最新
もっと見る

天気(5月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ