総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 兵庫県は15日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の対象に、伊丹、宝塚、川西、三田、明石市と猪名川町の計6市町を追加する方針を固めた。期間は22日~5月5日で、既に対象の神戸市などと合わせ計10市町になる。対策本部会議を4月15日午後に開き、決定する。

 県は政府決定を受けて4月5日~5月5日、神戸、尼崎、西宮、芦屋市に同措置を適用し、飲食店に午後8時(酒類提供は同7時)までの営業時間短縮を要請。阪神北、東播磨、中播磨地域の14市町では4月21日まで、同9時(同8時半)までの時短を求めている。

 県内では14日、新規感染者が507人になり、過去最多を2日連続で更新。追加の6市町は措置対象の4市に近接し、感染者も急増しているため、県は対象拡大に踏み切るとみられる。

 対策本部会議では、10市町以外で時短を要請している8市町(加古川、高砂、姫路市、稲美、播磨、福崎、市川、神河町)への要請期間を5月5日まで延長することも決める見通し。

(藤井伸哉)

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ