総合 総合 sougou

  • 印刷
ひなの世話をするコウノトリのペア=豊岡市祥雲寺(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
拡大
ひなの世話をするコウノトリのペア=豊岡市祥雲寺(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
保護された3羽のひな(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)
拡大
保護された3羽のひな(兵庫県立コウノトリの郷公園提供)

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)が、子育て中に父親が死んだコウノトリのひな3羽を、別のペアに育てさせる試みに乗り出した。これまでも親を失ったひなを保護して育てるケースはあったが、いずれも人工保育で、別のペアに託す取り組みは全国で初めてという。(阿部江利)

 同園によると、ひな3羽は朝来市の人工巣塔で3月末から4月初旬にかけて生まれた。親はいずれも豊岡市内で生まれた4歳の雄と雌で、2020年にも同じ巣塔で繁殖に成功。2羽を巣立たせており、今年も4個の卵を産んで、3羽が無事に育っていた。

 ところが今月12日夕、朝来市内の田んぼの水路でけがをして動けない雄が発見され、同園が保護したが、14日朝に死んだ。雌はひなと一緒に、巣で雄の帰りを待っていた。コウノトリのひなは、どちらかの親が餌を取っている間、もう一方が巣に残らなければ、カラスなどに襲われる可能性があり、1羽の親だけで子育てするのは難しい。同市の依頼を受けた同園が13日、ひな3羽を保護した。

 同園は、子育てが上手な16歳雄と21歳雌の飼育コウノトリのペアにひなを託した。保護された当日、ひな2羽をペアの巣に入れたところ、雌が餌を吐き出して与え始めたため、3羽目も入れて、本格的に託児をスタート。ペアでかいがいしく世話をしているという。

 同園によると、野外コウノトリのひなの保護は4例あるが、いずれも親の代わりに人が餌を与える「人工育雛(いくすう)」だった。ペアに、既にふ化したひなを預けるのは初めての試みという。

 このペアは、19年秋から同園内の「東公開サイト」にあるドーム型ケージで飼育されており、散策路から中の様子を見学できる。同園は「ひなを攻撃してしまう恐れもあったが、無事に世話をしてくれてスタッフ一同が一安心した。かわいいひなの成長を一緒に見守ってほしい」と話している。

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

総合の最新
もっと見る

天気(5月19日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 20%

  • 24℃
  • 17℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ