総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
拡大
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
拡大
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
拡大
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ「タンタン(旦旦)」。心臓疾患の可能性があり、投薬治療を始めた=神戸市灘区王子町3
心臓疾患の疑いで投薬治療が始められたタンタン=王子動物園(神戸市提供)
拡大
心臓疾患の疑いで投薬治療が始められたタンタン=王子動物園(神戸市提供)

 神戸市立王子動物園(同市灘区)が、ジャイアントパンダの雌「タンタン(旦旦)」に心臓疾患の疑いがあると発表してから一夜明けた20日、励ましや回復を祈る声が同園に相次いでいる。園の公式ツイッターには、賛同の意を示す「いいね」が普段の1・5倍となる9千件、コメントも5倍の500件近くが寄せられた。電話やメールもあり、担当者は「温かい声援ばかり。本当にありがたい」と感謝している。

 タンタンは25歳で、人間であれば70代に相当。昨年7月に中国への返還期限を迎えたが、新型コロナウイルス禍で帰国できなくなっていた。3月下旬以降、不整脈などが確認され、投薬治療を受けている。

 19日に病状を明らかにした同園はツイッターでも報告し、「(タンタンが)これからも元気に過ごしていけるように努めていきます」と投稿。すると、普段は5千~6千前後という「いいね」が、20日夕時点で9400件を超えた。コメントでは「無理しないで」といった励ましや、飼育員を気遣うものも多かった。

 園は20日もツイッターで餌のササをはむタンタンの動画を公開。体調不良で観覧が中止になっても、動画や写真のアップを検討するという。(初鹿野俊)

総合の最新
もっと見る

天気(5月17日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

  • 25℃
  • ---℃
  • 90%

  • 26℃
  • ---℃
  • 80%

  • 26℃
  • ---℃
  • 90%

お知らせ