" />

総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
26日に開業する「神戸三宮阪急ビル」=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
拡大
26日に開業する「神戸三宮阪急ビル」=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
26日の開業を前に公開された「神戸三宮阪急ビル」のレストランフロア。街を一望できる=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
拡大
26日の開業を前に公開された「神戸三宮阪急ビル」のレストランフロア。街を一望できる=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
神戸の街並みを見渡せる産官学の交流拠点「アンカー神戸」=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
拡大
神戸の街並みを見渡せる産官学の交流拠点「アンカー神戸」=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
神戸の街を一望できる29階のバー=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
拡大
神戸の街を一望できる29階のバー=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
神戸の街を一望できるホテル「レムプラス神戸三宮」の客室=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)
拡大
神戸の街を一望できるホテル「レムプラス神戸三宮」の客室=21日午前、神戸市中央区加納町4(撮影・吉田敦史)

 26日に開業する「神戸三宮阪急ビル」(神戸市中央区)の内部が21日、報道陣に公開された。阪急神戸三宮駅に直結し、飲食店などが入る商業エリアや、ホテル、オフィスで構成。三宮の新たなランドマークとして親しまれそうだ。

 1995年の阪神・淡路大震災で被災した旧駅ビル「神戸阪急ビル東館」は解体後、暫定ビルで営業。2017年から新ビルへの建て替え工事が進んでいた。

 新ビルは地上29階、地下3階建て、高さ約120メートル。旧ビルの意匠を継承し、低層部にアーチ状の窓を複数設けた。コンコース部分は吹き抜けを大きくし、開放感を演出した。

 内部は、商業、ホテル、オフィスの3エリアに分かれる。商業エリアの「EKIZO(エキゾ)神戸三宮」(3階~地下2階と29階)には飲食店やスーパーなど計37店舗が入る。この日は、電飾などで店構えを整える店も見られた。

 宿泊特化型ホテル「レムプラス神戸三宮」(17~28階)はダブルルームが中心。落ち着いた色調で上質感のある客室が目を引いた。

 オフィスエリア(4~15階)にも、数々の企業が入居。15階には神戸市が産官学の知的交流拠点として「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」を開設し、神戸新聞社と有限責任監査法人トーマツが運営を担う。(大盛周平)

総合の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • 14℃
  • 70%

  • 17℃
  • 9℃
  • 50%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ