総合 総合 sougou

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 5月23、24日に兵庫県を巡る東京五輪の聖火リレーについて、大会組織委員会は23日、予定通り公道での聖火リレーを行うと発表した。ただし、実施予定日に緊急事態宣言などが発令されている場合、地元自治体と協議し、実施方法の変更を検討する。

 県内の聖火リレーは豊岡市をスタートし、2日間で14市を約180人が駆ける。新型コロナの感染拡大を受け、予定通り実施するか、大会組織委と県実行委員会が協議してきた。

 緊急事態宣言の期間は4月25日~5月11日のため、予定通り解除されれば聖火リレーまで約2週間ある。県実行委の担当者は「沿道の密対策など感染予防対策を万全に行えば公道で実施できるのではないか。全ての可能性を想定し、準備を進めたい」としている。(斉藤絵美)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

総合の最新
もっと見る
 

天気(9月19日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ