総合 総合 sougou

  • 印刷
平日の時短営業で再開する神戸・三宮の地下街「さんちか」。ショーウインドー内では夏服へ衣替えが行われた=11日午後、神戸市中央区(撮影・小林良多)
拡大
平日の時短営業で再開する神戸・三宮の地下街「さんちか」。ショーウインドー内では夏服へ衣替えが行われた=11日午後、神戸市中央区(撮影・小林良多)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 緊急事態宣言延長による制限の緩和を受け、兵庫県内の百貨店は12日から、平日は全館営業を再開する。県の要請に従い、平日は時短営業、土日は食品売り場のみ開ける対応が目立つ。

 大丸松坂屋百貨店は、神戸店(神戸市中央区)など県内3店舗を平日午後7時までの時短営業とし、土日は食品売り場のみ営業。阪急阪神百貨店は、神戸阪急(同)で全館休業していた土日も食品売り場を営業する。県内8店舗のうち、三田阪急(三田市)は土日に全館休業する。

 山陽百貨店(姫路市)は衣類などの売り場を平日は午後6時までに。加古川ヤマトヤシキ(加古川市)は、土日も食品フロアに加えて書店、一部テナントが営業する。

 家電量販店は、県の要請を受けて休業していた店舗も営業時間を短縮するなどして12日から再開する。ジョーシンは営業再開を「本格的な夏に向け、早めのエアコン設置や点検・修理が必要となる時期と重なる。市民生活への影響を考慮した」と説明する。

 県内の文化施設の多くは、県の休業要請緩和を受け人数制限などを設けながら再開を決めた。神戸市立博物館は12日から開館し、「東山魁夷(かいい) 唐招提寺御影(みえい)堂障壁画展」を再開する。

 劇場・ホールは、観客を50%以内とし、営業時間を短縮する施設が目立った。県立ピッコロシアター(尼崎市)は、ピッコロ劇団の公演を予定通り行う。

 シネコンなど大半の映画館は席数制限などを設けて開館。大阪に近い塚口サンサン劇場(尼崎市)は、観客の安心と人流抑制の観点から休館を決めた。(横田良平、貝原加奈、小林伸哉、田中真治)

総合の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ