総合 総合 sougou

  • 印刷
動画一覧へ
大麻の栽培拠点とみられる建物を捜索する兵庫県警の捜査員ら=2020年10月20日、三田市内
拡大
大麻の栽培拠点とみられる建物を捜索する兵庫県警の捜査員ら=2020年10月20日、三田市内
大麻の栽培拠点とみられる建物を捜索する兵庫県警の捜査員ら=2020年10月20日、三田市内
拡大
大麻の栽培拠点とみられる建物を捜索する兵庫県警の捜査員ら=2020年10月20日、三田市内

 兵庫県三田市の家屋で大麻を営利目的で栽培したなどとして、大麻取締法違反の疑いで、芦屋市の建築資材販売業の男(33)ら男5人が逮捕、起訴されていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。兵庫県警が確認した大麻草は1500株を超えるといい、大量の押収となった。

 建築資材販売業の男と西宮や芦屋、三田市に住む30代の男ら5人は2020年12月、同法違反罪(営利目的栽培など)で起訴された。捜査関係者によると、阪神間を拠点に大麻草の栽培から密売までを手掛けるグループとみられ、神戸地検はより罰則の重い麻薬特例法違反罪の適用も検討する。

 県警は同年10月20日、大麻の栽培と加工の拠点とされる三田市内の建物や、阪神間の民家を一斉に捜索し、販売ルートなども調べていた。

 起訴状によると、男らは共謀し、営利目的で同年9~10月、植え付け用の繊維「ロックウール」に根付かせた大麻草の苗を同市内の家屋に持ち込み、水や肥料を与え、照明器具を照射して大麻草を栽培するなどしたとされる。

 大麻を巡っては、摘発が年々増加。警察庁によると、20年の大麻事件の摘発者数は前年比713人増の5034人に上り過去最多を更新した。20代が2540人と半数以上を占め、14~19歳が887人に上るなど若者による乱用が目立つ。

 また、厚生労働省の統計によると、全国の乾燥大麻の押収量も15年は104・6キロだったが、19年は4倍以上の430・1キロに増加している。

総合の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ