丹波

  • 印刷
丹波栗の苗木の出荷準備を行う丹波栗苗木生産組合の組合員ら=丹波市春日町小多利
拡大
丹波栗の苗木の出荷準備を行う丹波栗苗木生産組合の組合員ら=丹波市春日町小多利

 兵庫県丹波市産の栗苗木を広めようと、丹波栗苗木生産組合(同市)は14日から、丹精した苗木を販売する。同市春日町小多利の農地で出荷に向けた準備が行われており、同組合の由良和宏組合長は「丹波市内だけでなく、広い範囲の人々に向けて販売していきたい」と意気込んでいる。(綱嶋葉名)

 同組合は、丹波市丹波栗振興会の有志6人で結成。丹波栗がブランドとして定着している一方で、苗木は茨城県や岡山県など、他府県のものが流通している状況を受け、「丹波の風土で育ってきた優良な古木がある。苗木の丹波ブランドを一から育てていこう」と苗木生産に力を注いできた。

 育てているのは「銀寄」と「筑波」の2種類。

 2019年1月に台木となる苗の種をまき、移植や台木に付ける穂木の接ぎ木を行いながら、約2年をかけて育ててきた。穂木は、同組合員の河村修治さんが育てる、樹齢50年以上の木からよりすぐりのものを採取した。今年は夏場の雨不足で成長にばらつきがあったものの、出来は上々という。

 6日の作業では、同組合員や丹波市丹波栗振興会員ら8人が、苗木の大きさを測ってパワーショベルで掘り起こし、規格ごとに分類した。由良さんは「苗木を育てて生産者に供給するだけでなく、植え方や維持管理、選定作業や収穫などのノウハウを全て伝えていきたい」と話していた。

 苗木は、約90センチ以上の特等が1200円(税込み)、約90センチ以下の1等が千円(同)。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(8月10日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ