丹波

  • 印刷
明智光秀の御定書の写しを持つ森田栄さん=丹波篠山市安口
拡大
明智光秀の御定書の写しを持つ森田栄さん=丹波篠山市安口
明智光秀が民衆に対して出した御定書=丹波篠山市安口
拡大
明智光秀が民衆に対して出した御定書=丹波篠山市安口
明智光秀の肖像画(本徳寺所蔵)
拡大
明智光秀の肖像画(本徳寺所蔵)
前田徹さん
拡大
前田徹さん

 明智光秀が丹波国の新領主となった際に出した民衆への通達「御定書」が、兵庫県丹波篠山市の民家から見つかった。御定書では民衆の負担軽減と、光秀に直訴する権利を認めながら、「年貢の不納は処罰する」とぴしゃり。放送を終えた大河ドラマでは、戦国期を納め平らかな世をつくり出そうともがく姿が描かれた。謎が多い光秀が御定書を出した背景を、県立歴史博物館(姫路市)学芸員の前田徹さん(49)に分析してもらった。(綱嶋葉名)

 御定書は1581(天正9)年5月3日付で、丹波国の安口村(現在の丹波篠山市安口)と西野々村(同西野々)の名主と百姓に宛てたもの。丹波平定の翌年1580(同8)年に、信長から丹波一国を譲り受けた光秀が、新領主として出したメッセージという。見つかったのは写しだった。

 定められているのは三項目。一つ目は、「戦に必要な食糧などの物資を運ぶため、農民が強制される『陣夫』や遠方への労働者派遣といった負担は免除する」。続く二つ目は、「本当に(領主側にとって)必要な案件があれば、(光秀から)直接折紙を発給して(村に)命じる」-とある。

 日本中世史が専門の前田さんに御定書を見せると、「『恣意的には支配しませんよ』というメッセージが込められている」と読み解く。民衆を落ち着かせ、戦で荒れた土地を元に戻す狙いがあったといい、当時はどこの大名家も同じ手法が採られていたという。

 御定書の三つ目には、直訴権を認める項目も。「代官そのほか誰であっても、不当なことを命じるものがあれば、(光秀へ)直訴せよ」。民衆への心遣いを示した後、最後はこう締めくくっている。

 「ただし、大切な年貢については、わずかであっても不納があれば、百姓を処罰する」

 前田さんは「光秀が一番訴えたかったのはこの部分」と話す。一項目目の「遠方への労働免除」も、きちんと年貢を納めさせるための布石だったという。「国を安定させるには、財政基盤の確立が不可欠」。平時の世に戻そうと、心を砕く光秀の姿が垣間見えるという。

 本能寺の変を企てた光秀にはいまだ謎が多い。前田さんは今回見つかった御定書も光秀を知る手掛かりになるといい、「今後も資料が発見され、新たな視点で研究が進む余地がある」と話している。

■専門家「古文書が民家に残っているのは珍しい」

 光秀の御定書を見つけたのは、三田市在住の森田栄さん(65)。丹波篠山市の実家の蔵で昨年9月、亀山藩から1768(明和5)年と1867(慶応3)年に出された古文書とともに発見した。

 森田さんは、県立歴史博物館学芸員の前田徹さんらに鑑定を依頼、光秀の御定書と確認された。前田さんは「江戸幕府ができる前の古文書が民家に残っているのは珍しい」としている。

 森田さんが見つけたのは、まさにNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」が放映されていた時期。ドラマでは、光秀が4年かけて成し遂げた丹波平定は、コンピューターグラフィックス(CG)の地図とナレーションであっという間に終わってしまった。

 森田さんは「肩すかしだった」と苦笑い。観光ボランティアガイド「ディスカバーささやまグループ」のメンバーとしても活動しており、「もっと丹波篠山の良いところを伝えたい。歴史文化の伝承に力を入れていきたい」と意気込んでいる。(綱嶋葉名)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(4月11日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 19℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ