丹波

  • 印刷
新住職誕生を祝う稚児行列。集落の中や杉木立の参道を歩いた=丹波市山南町太田
拡大
新住職誕生を祝う稚児行列。集落の中や杉木立の参道を歩いた=丹波市山南町太田
新住職誕生を祝う稚児行列。集落の中や杉木立の参道を歩いた=丹波市山南町太田
拡大
新住職誕生を祝う稚児行列。集落の中や杉木立の参道を歩いた=丹波市山南町太田
本堂で執り行われた「晋山式」。妙心寺派の小倉宗俊管長(右端)も駆け付けた=丹波市山南町太田
拡大
本堂で執り行われた「晋山式」。妙心寺派の小倉宗俊管長(右端)も駆け付けた=丹波市山南町太田
記念撮影を前にした門脇知眞・新住職や稚児にふんした子どもら=丹波市山南町太田
拡大
記念撮影を前にした門脇知眞・新住職や稚児にふんした子どもら=丹波市山南町太田

 臨済宗妙心寺派の禅寺、慧日(えにち)寺(兵庫県丹波市山南町太田)で3日、門脇知眞(ちしん)・新住職(40)の就任を披露する「晋山(しんざん)式」があった。新型コロナウイルスの影響で規模を縮小したものの、妙心寺派の小倉宗俊管長をはじめ、僧侶や信徒ら約200人が参加。開山650年遠忌法要と併せて執り行われた。式に先立って稚児行列もあり、着飾った檀家(だんか)の子らが地元の集落を練り歩き、38年ぶりの新住職誕生を祝った。(堀井正純)

 慧日寺は南北朝時代の1375年、足利将軍家を支えた管領(かんれい)・細川頼之らによって建立されたとされる古寺。明智光秀による丹波攻めなどで堂宇が焼失したこともあるが、風格あるかやぶきの本堂や檜皮(ひわだ)ぶきの仏殿が長い歴史を伝える。

 新住職は、門脇靖巖(せいがん)・前住職(72)の長男で、2010年から副住職を務めていた。山門での禅問答に続き、本堂で晋山式に臨んだ。住職就任について、「伝統を守るプレッシャーはあるが、檀家のみなさんに身近に感じてもらえるお寺にしたい」と語った。

 稚児行列には、0~11歳の男児や女児ら35人が着飾って参加。公民館から同寺までの約1キロを歩いた。冠や稚児装束を身に着けるのが楽しみだったという、上久下小3年の女児(8)は「どきどきして眠れなかった。お寺の境内でよく遊ぶけど、新しい和尚さんは立派で、いつもと違う人みたいだった」と話していた。

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ