丹波

  • 印刷
江戸時代の銘柄「千歳」の復活に挑戦した、12代目当主の山名洋一朗さん=山名酒造
拡大
江戸時代の銘柄「千歳」の復活に挑戦した、12代目当主の山名洋一朗さん=山名酒造
千歳の製造で使われる吉野杉の木おけ=山名酒造
拡大
千歳の製造で使われる吉野杉の木おけ=山名酒造
蒸した米を加え、「留(とめ)仕込み」を行う丹波杜氏(山名酒造提供)
拡大
蒸した米を加え、「留(とめ)仕込み」を行う丹波杜氏(山名酒造提供)
櫂(かい)棒で材料をかき混ぜる「櫂入れ」の作業(山名酒造提供)
拡大
櫂(かい)棒で材料をかき混ぜる「櫂入れ」の作業(山名酒造提供)

 兵庫県丹波市市島町上田の酒造会社「山名酒造」が銘酒「千歳(せんさい)」を約150年ぶりに復活させ、新商品として5日から発売する。千歳は同酒造が江戸時代中期の創業から幕末まで使った銘柄。新商品は丹波杜氏(とうじ)が残した手法に倣って天然の発酵菌を使い、木おけで仕込んだ。復活を決めた12代目当主、山名洋一朗さん(30)は「若い人も含め、伝統技法で醸造した逸品を味わってほしい」と話している。(真鍋 愛)

 同酒造は1716(享保(きょうほう)元)年に創業。千歳は明治の始まりとともに姿を消し、代わりに千から一つ単位が上がった「萬歳(ばんざい)」が造られるようになった。

 時代は移ろい、1991(平成3)年、洋一朗さんの父・純吾さん(60)が11代目当主に。地域に根差す酒造りを目指した純吾さんは97年、銘酒「奥丹波」を立ち上げた。くしくも“万”から“億”に格上げした奥丹波は、同酒造の主力銘柄となった。

 「次にお前が造る酒は“兆”やな」と、冗談交じりに周囲からけしかけられた洋一朗さん。昨年12月に12代目当主となったが、「最初は兆でいろいろ考えていたけど、思い付かなかった」と振り返る。目を付けたのが、約150年前に途絶えた千歳だった。

 丹波杜氏が残した手法をほぼ踏襲して造る千歳は、乳酸を添加する主流の手法「速醸(そくじょう)」を用いず、長年酒蔵で培った天然の発酵菌が出す乳酸に頼る。醸造には通常の約2倍の時間がかかるが、さまざまな発酵菌が醸し出す苦みや酸味、甘みが複雑に絡み合う、味わい深い仕上がりになった。蔵の長い歴史あってこその新商品。原点に立ち返り、あえて千歳と名付けた。

 発酵容器にもこだわった。一般的なほうろうのタンクは用いず、吉野杉の木おけを使った。日本で唯一大型木おけを造る堺市の「ウッドワーク」に、高さ約2メートル、直径約2メートル、2800リットルの酒が入る木おけ2基を発注した。

 構想から商品化まで3年。洋一朗さんは「奥丹波の特長でもある口当たりの軽やかさを残しつつ、味が濃くなっている現代の食卓にも合う、芯がある酒になった」と太鼓判を押す。今回の蔵出しでは、山田錦を50%削って火入れした千歳と、10%だけ削った生原酒「千歳ルネサンス」を販売する。

 洋一朗さんは「蔵で育った発酵菌、培われた職人技を結集して造ったお酒。100年後も飲まれているとうれしい」と話している。

 千歳は四合瓶1980円、千歳ルネサンスは四合瓶1650円、一升瓶3300円。丹波市内の小売店や、同酒造の直売店、オンラインショップなどで買える。同酒造TEL0795・85・0015

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ