丹波

  • 印刷
黒大豆の種まきを体験する西紀南小の児童たち=丹波篠山市黒田
拡大
黒大豆の種まきを体験する西紀南小の児童たち=丹波篠山市黒田

 兵庫県丹波篠山市黒田の西紀南小学校でこのほど、3年生12人が同市の特産物である黒大豆の種まきを体験した。黒大豆の地域特産物マイスター・山本博一さん(82)が指導し、児童たちは熱心に取り組んだ。

 特産物や農業を学ぶ総合的な学習の一環で、市内各地の小学校で行われている。同校では25年ほど前から、山本さんが毎年、種まきから収穫、乾燥のコツなどを児童に教えている。

 児童たちは、同市職員から今年「日本農業遺産」に認定された「丹波篠山の黒大豆栽培」について説明を受けた後、種まきにチャレンジ。山本さんから「(根が出る)豆のヘソを下にして」とアドバイスを受けながら、25枚の苗箱に詰められた土に種豆を埋めた。

 初めて黒大豆の種まきをしたという女児(8)は「土がふわふわで楽しかった。育てた豆を食べるのが楽しみ」と笑顔だった。(綱嶋葉名)

丹波
丹波の最新
もっと見る

天気(6月23日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 26℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ