丹波

  • 印刷
「隼雄さんはスタッフにフルートを吹いてくれたことも。気さくだけど、大きな存在でした」と故河合隼雄さんとの思い出を振り返る垣内敬造館長=丹波篠山市小田中、篠山チルドレンズミュージアム
「隼雄さんはスタッフにフルートを吹いてくれたことも。気さくだけど、大きな存在でした」と故河合隼雄さんとの思い出を振り返る垣内敬造館長=丹波篠山市小田中、篠山チルドレンズミュージアム

 「篠山チルドレンズミュージアム」(愛称・ちるみゅー)は開館以降、触って楽しめる展示やワークショップなどが受け、リピーターが増えていった。

 ボランティア団体「ミュージアムクラブ」の一員だった垣内敬造さん(59)も特技を生かし、ワークショップで川魚釣りや鳥の羽を使った疑似餌作りを担当した。開館から1年半後には、目標より早く「入館10万人」を達成。目黒実さんが提唱した「子どもの第三の居場所づくり」に近づいてきたと、手応えを感じた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ