丹波

  • 印刷
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT

 兵庫県丹波篠山市山内町で7月にあった大規模火災で、被災地のがれき撤去が11月1日にも始まることが20日、分かった。同日開かれた被災者支援会議で、被災者と市建設事業組合が家屋解体やがれき撤去の契約を結んだ。作業終了は12月15日の予定。

 市によると、対象となるのは民家7軒分のがれきで、費用は計約1700万円と見込まれている。このうち、国が「空き家再生等推進事業」により4割を、県が「老朽危険空き家除却支援事業(令和3年7月丹波篠山市山内町大規模建物火災災害特例)」に基づき2割を、それぞれ負担する。さらに市が2割を補助するため、被災者は残り2割を負担する。今月11日の市議会本会議で、がれき撤去の補助費を盛り込んだ一般会計補正予算案が可決されていた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ