丹波

  • 印刷
花弁の反り返りが特徴の「お苗菊」=丹波篠山市北新町
拡大
花弁の反り返りが特徴の「お苗菊」=丹波篠山市北新町
地元伝統の「お苗菊」など、かぐわしい菊花が並ぶ特設会場=丹波篠山市北新町
拡大
地元伝統の「お苗菊」など、かぐわしい菊花が並ぶ特設会場=丹波篠山市北新町

 秋の城下町を彩る恒例の「丹波篠山市菊花展」が、篠山城跡北の大手前南駐車場特設会場(兵庫県丹波篠山市北新町)で開かれている。篠山藩青山家ゆかりの「お苗菊」など約360鉢が、華やかな姿で市民や観光客らの目を楽しませている。

 市と市菊花同好会の主催で20回目。お苗菊は江戸後期、篠山藩主が将軍家から拝領したと伝わる中菊。現在も「小倉山」「天の岩戸」「敷島」など21種を、地元の愛好家らが栽培し、伝統の美を継承している。

 満開となった後、花弁が踊るように裏返り、「抱え」「狂い」など呼ばれるユニークな姿を見せるのが特徴。黄や深紅、ピンクなどさまざまな色の花々が、時の移ろいとともに巻き上がり、“変化(へんげ)”する。近年公募で選ばれた民謡「デカンショ節」の新しい歌詞では「秋の篠山お城の下で 殿も愛でたよお苗菊」と歌われている。

 会場には城北畑小、古市幼稚園の子どもらが育てたお苗菊も展示。このほか、華麗な大菊、風格ある菊の盆栽なども並び、晴れ渡った秋空の青と鮮やかなコントラストを描く。14日まで。午前9時~午後4時。入場無料。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ