丹波

  • 印刷
「アフリカ少年が日本で育った結果」と題して講演した星野ルネさん=ポップアップホール
拡大
「アフリカ少年が日本で育った結果」と題して講演した星野ルネさん=ポップアップホール
「アフリカ少年が日本で育った結果」と題して講演した星野ルネさん=ポップアップホール
拡大
「アフリカ少年が日本で育った結果」と題して講演した星野ルネさん=ポップアップホール

 タレントで漫画家の星野ルネさんが、ポップアップホール(兵庫県丹波市氷上町本郷)であった多文化共生講演会で講演した。「アフリカ少年が日本で育った結果」と題し、ユーモアを交えながら自分自身の体験などを披露した。

 講演会は丹波市国際交流協会が毎年開催。星野さんはアフリカ中部のカメルーン出身で、4歳で来日し、同県姫路市で育った。自らの経験を描いた漫画がネット上で話題になり、2018年には書籍化された。

 星野さんは自作漫画や幼少期の写真などをスクリーンで示しながら、日本とアフリカの食文化の違いなどについて体験を披露。「カメルーンでヘビやハリネズミを食べることを、日本の学校でからかわれた」と振り返る一方、「カメルーンでは日本人がタコや生魚を食べることを不思議に思われた」と話した。

 多文化共生について「知識で学べることはあるが、経験に基づかないと心から理解できない」と指摘。経験する時間も限りがあるとし「経験できないことは想像で補うしかない。テレビや漫画、音楽などから想像力を培っていくことがポイント」などと話した。

 講演会ではこのほか、ベトナム出身女性による民族舞踊や、外国人住民による日本語スピーチ大会もあった。(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(11月28日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 10%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ