丹波

  • 印刷
正月飾りで親しまれる葉ボタン。鮮やかな色合いが迎春ムードを思わせる=丹波市氷上町香良
拡大
正月飾りで親しまれる葉ボタン。鮮やかな色合いが迎春ムードを思わせる=丹波市氷上町香良

 正月飾りで親しまれる葉ボタンで地域を彩ろうと、兵庫県丹波市老人クラブ連合会氷上支部の会員約20人が手塩にかけて400株を育てた。来年の干支(えと)である「寅(とら)」のイラストがあしらわれたプランターに移し、支部に所属する11クラブに配る。

 同支部の吉積明一(よしづみめいいち)副支部長(87)や女性活動部員らが、地域の美化活動事業の一環で「年末年始を花いっぱいで過ごしてほしい」と、初めて企画。

 8月21日に丹波市の会員宅の畑に、紫と白色の2種計400株の種をまいた。ポットや畑への移植作業を始め、日々の水やりや防虫管理など会員が交代で世話した。丹精を込めて育てた葉ボタンは直径約40~50センチ、葉の色づきも濃く鮮やかに育った。

 種まきから携わった会員の男性(73)は「出来栄えはバッチリ。思ったよりもきれいにできた」と笑顔。吉積さんも「玄関先など見えるところにおいて、新年を迎えてほしい」と話していた。(谷口夏乃)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ