丹波

  • 印刷
出荷のため苗木を掘り起こす生産者ら=丹波市春日町小多利
拡大
出荷のため苗木を掘り起こす生産者ら=丹波市春日町小多利

 丹波栗の苗木の出荷がピークを迎えている。兵庫県丹波市春日町小多利の農地では、丹波栗苗木生産組合のメンバーら約10人が、小型のパワーショベルを使って苗木を掘り起こし、等級が記されたシールを幹に貼っていった。

 同組合は、丹波市産の栗の苗木を広めようと、10年ほど前に結成。小多利地区では「銀寄(ぎんよせ)」と「筑波」の2品種を栽培している。

 今回出荷するのは、2年前に種をまいた苗木約1500本。1年前には、樹齢50年以上の栗の木から採取した穂木を接ぎ木し、質の高い実が付くことが期待されている。

 同組合の由良和宏組合長(69)は「例年以上に高く太い苗木が育った。これからも地元の丹波で、後世まで伝わる苗木を作っていきたい」と話している。

 苗木はJAに出荷するほか、栗農家に販売。特等の苗木は1本1500円。由良組合長TEL090・3658・4879

(川村岳也)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ