丹波

  • 印刷
「観光甲子園」の決勝で提出するプレゼン動画について内容を検討するインターアクト部の部員たち=篠山鳳鳴高校
「観光甲子園」の決勝で提出するプレゼン動画について内容を検討するインターアクト部の部員たち=篠山鳳鳴高校

 全国の高校生たちが3分間の観光動画の出来栄えを競う「観光甲子園」の日本遺産部門で、篠山鳳鳴高校(兵庫県丹波篠山市大熊)のインターアクト部が決勝進出を果たした。出品作は、部員たちが新たに創作したデカンショ節の歌詞に乗せ、丹波篠山の食や文化の魅力をPRする内容。撮影や編集はスマートフォンでこなした。決勝は来年2月6日。部員たちが、動画の意図や制作の舞台裏を5分の録画映像でPRする。「ここまで来たら優勝を狙う。丹波篠山の魅力発信に貢献したい」と意気込んでいる。(堀井正純)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ