丹波

  • 印刷
10メートルある幹回り。幹のそばには弘法大師の石像がひっそり=丹波市青垣町大名草
拡大
10メートルある幹回り。幹のそばには弘法大師の石像がひっそり=丹波市青垣町大名草
枝には多数のこぶがある。乳房に見えるため古くから「乳の木さん」の愛称で親しまれている=丹波市青垣町大名草
拡大
枝には多数のこぶがある。乳房に見えるため古くから「乳の木さん」の愛称で親しまれている=丹波市青垣町大名草
高さは約30メートル。紅葉時、足元も頭上も黄色一色=丹波市青垣町大名草
拡大
高さは約30メートル。紅葉時、足元も頭上も黄色一色=丹波市青垣町大名草

 初めての対面は、晩秋の昨年11月末だった。古刹(こさつ)・常瀧(じょうりゅう)寺(兵庫県丹波市青垣町大名草)本堂から登山道を休み休み歩いて約30分。黄色の落ち葉が敷き詰められた山腹に、大イチョウはあった。

 一目で一本の大樹には見えなかった。多数のイチョウが密集していると錯覚した。「大イチョウは雄種。回りに雌種がないため、数が増えることはないんです」。同寺の伴知憲(ばんちけん)住職(65)に聞いていなければ、分からないままだった。

 推定樹齢1300年。高さ約30メートル、幹回りは10メートルで、近畿一の太さを誇る(環境省の巨樹・巨木林データより)。撮影ポイントを探そうと斜面にも登ってカメラを構えたが、全景は収めきれなかった。

 イチョウの花言葉は「鎮魂」「荘厳」「長寿」。たくましく天に伸びる幹や枝、周囲に張り巡らされた力強い根は、それらの言葉を想起させた。

    ◇    ◇

 伴住職によると、同寺は法道(ほうどう)仙人によって養老年間(717~724年)に創建され、大イチョウは法道仙人が植えたと伝わる。地誌「丹波志」には、七堂伽藍(がらん)を構える境内があり、明智光秀による丹波攻めで焼失したと、記されている。大イチョウだけが災禍をくぐり抜けてきた。

 大正14(1925)年には、県の郷土記念物に指定された。県文化財課は「資料が乏しく、経緯は判然としない」とするが、大名草公民館(同)には記念する石碑がある。碑文には前年の大正13年と明記されているが、その理由は分からなかった。ただ、住民の喜びは想像できた。

 大イチョウは1975年、「地域の自然を象徴し、由緒由来がある」などとして条例に基づき県郷土記念物に、2002年には県天然記念物に、それぞれ指定された。その後、「ひょうごの巨樹・巨木100選」(05年)にも選ばれている。

    ◇    ◇

 枝から垂れたこぶが乳房のように見える大イチョウは、地元住民の間で「乳の木さん」とも呼ばれる。

 30年ほど前、現在の登山道開通に伴い、住民らが「大名草乳の木さんを守る会」を立ち上げた。同会メンバーで大名草自治会長の杉本正志(ただし)さん(73)は「10人前後ができる範囲で活動を続けた」と振り返る。寄付を募って山道に紅葉を植えた。毎年の草刈りにも精を出した。しかし、メンバーの高齢化に伴って活動は減少。地元住民でさえ、大イチョウは遠い存在になりつつあった。

 そんな頃、吉報が舞い込む。大イチョウを見た同市出身の藤田翔太さん(34)が、登山道の整備を申し出てきた。

 「黄色の絶景は、まるで別世界でした。縦横に伸びた枝や幹、根の存在感に圧倒されました。目に見えないエネルギーを、ひしひしと感じました」

 藤田さんは20年11月の体験をこう語る。5カ月後、再興プロジェクトがスタート。神戸市などから集まった6人と、登山道整備に加え、イベントや期間限定カフェも開き、会員制交流サイト(SNS)などでPRしている。

 藤田さんは夢を語る。「近い将来、再び地域のシンボルとして愛されるようになれば」(谷口夏乃)

■「乳の木さん」女性に親しまれ

 「乳不足でこまっていたお梅さん(中略)乳がなんぼでも出るそうな」-。

 1975年発行の「青垣町誌」に、このように始まる伝承が記されている。

 題して「大名草の大銀杏(おおいちょう)」。大名草の谷川のほとりで、すすぎに来た女たちの高話で、次のように続く。

 「ヘエ、あれほど乳の少いお梅さんが、こりゃまた、どうしてやろ」「さあ、それが何でも、お大師さんの夢のおつげとかで乳の木の皮をのんでから、いくらでも出るようになって(以下略)」

 「乳の木さん」と親しまれてきた常瀧寺の大イチョウ。木のこぶの表皮を煎じて飲むと母乳の出がよくなると言われ、母乳の出にくい女性たちが信仰した。うわさを聞きつけ、駆けつける人が後を絶たず、同誌には「樹皮は、いつも削りとられている」と、記されている。

 大イチョウのそばには今も、弘法大師の石像がある。大正から昭和にかけて、旧登山道沿いの10体の地蔵とともに、まつられたとされる。ご神木としてあがめ奉られた名残である。

【バックナンバー】
(1)鐘ケ坂隧道 住民の熱意で難所に開通

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ