丹波

  • 印刷
一番福に輝いた(左から)藤井楓也さん、近藤優衣さん、柳田悠吹君、荻野那月さん=春日神社
拡大
一番福に輝いた(左から)藤井楓也さん、近藤優衣さん、柳田悠吹君、荻野那月さん=春日神社

 商売繁盛などを願う「十日えびす」でにぎわう春日神社(兵庫県丹波市春日町野村)で10日、「第7回福男・福女選び」があった。小学生、一般の男女計4部門に43人が参加。トップでゴールする「一番福」を狙い、約230メートルの農道を全力で駆け抜けた。

 地元の20~50代17人でつくる「下野村若人会」の主催。同神社が開門神事で知られる西宮神社(西宮市)の分霊を祭ることから、西宮神社の「福男選び」を参考に、毎年実施している。

 この日は、朝霧が残る午前9時から各部門がスタート。出場者はくじで並び順を決め、太鼓の音で一斉に駆けだした。一般男子の部の一番福、福知山成美高校1年の藤井楓也(ふうや)さん(16)は「写真部で野鳥を追いかけているので、その脚力が生きたのかも。今年は笑顔を意識して、皆に福をお裾分けしたい」と破顔した。

 小学生女子の部は荻野那月さん、同男子の部は柳田悠吹(ゆぶき)君、一般女子の部は近藤優衣さんが、それぞれ一番福を射止めた。

 十日えびすは9、10日、兵主神社(丹波市春日町黒井)や恵比須神社(同市市島町市島)、篠山ゑびす神社(丹波篠山市二階町)などでもあり、参拝客でにぎわった。

(真鍋 愛)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月28日)

  • 10℃
  • 4℃
  • 10%

  • 6℃
  • 0℃
  • 50%

  • 11℃
  • 3℃
  • 10%

  • 9℃
  • 2℃
  • 30%

お知らせ