丹波

  • 印刷
枯れハスが水面を埋める篠山城跡の南堀=丹波篠山市北新町
拡大
枯れハスが水面を埋める篠山城跡の南堀=丹波篠山市北新町
枯れハスが水面を埋める篠山城跡の南堀=丹波篠山市北新町
拡大
枯れハスが水面を埋める篠山城跡の南堀=丹波篠山市北新町

 「枯蓮(かれはす)」や「枯はちす」「蓮の骨」は寒風の吹く冬の季語。国史跡・篠山城跡(兵庫県丹波篠山市北新町)の南堀でも、無数のハスがうなだれ、水面を覆う。雪の朝には寒々とした冬景色が広がる。

 堀のハス群は、外来種のカメによる食害のためか、2005年ごろに消滅したものの、篠山小児童らの取り組みが実って19年夏に復活し、市民らを喜ばせた。

 花の季節と異なり、茎や実が朽ちた冬のハスの数々は無残ともいえる姿。無数の折れた矢や刀が残された、中世の戦場を連想させもする。そこに移ろう時のはかなさ、無常の世界があり、独特の風情が漂う。葉や茎が形づくる複雑な光と影に、抽象美を見つける人もいるかもしれない。

 「枯蓮」といえば、俳人・長谷川櫂(かい)さんに壮大でファンタジックな句がある。〈蓮枯れて龍の眠れるところかな〉。さて南堀の底には何が眠っているだろう?(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(1月24日)

  • 9℃
  • 6℃
  • 20%

  • 7℃
  • 1℃
  • 50%

  • 10℃
  • 4℃
  • 40%

  • 8℃
  • 3℃
  • 30%

お知らせ