丹波

  • 印刷
モンキードッグとしてデビューしたユズ(左)、チャコとそれぞれの飼い主=丹波篠山市日置
拡大
モンキードッグとしてデビューしたユズ(左)、チャコとそれぞれの飼い主=丹波篠山市日置

 兵庫県丹波篠山市民の飼い犬2匹が、農作物を荒らすサルを追い払う「丹波篠山モンキードッグ」として新たに認定された。両犬とも雌で、3歳のゴールデンレトリバー「ユズ」と9歳の柴犬「チャコ」。飼い主と一緒に里山をパトロールし、農地を守る。

 2匹は昨年から、訓練士の指導を受け、認定テストに合格。4月28日に認定状交付式があった。市は獣害対策として、2011年度からモンキードッグ事業に取り組み、市内で活動するモンキードッグは計16匹になった。

 ユズは、すでに認定済みの母親「モモ」(5歳)とともに、初めて親子2代で就任。「親子のモンキードッグは全国的にも珍しいのでは」と市担当者。飼い主の金崎美和さん(44)=同市=は「犬の気配だけでもサルは逃げていく。親子のコンビネーションに期待したい」と期待する。

 一方、チャコは、小山洋子さん(59)=同市=が亡き友人の愛犬を引き取って飼育。「神経質な性格だが、先日は散歩中にサルに出くわし、すごい勢いで追い掛けていった」と奮闘ぶりを振り返っていた。(堀井正純)

丹波
丹波の最新
もっと見る
 

天気(5月17日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 0%

  • 25℃
  • 12℃
  • 0%

  • 23℃
  • 16℃
  • 0%

  • 24℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ