連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

聞き書き 嗚呼、コロナ

 こんなはずじゃなかったのになぁ…。いきなり窮地に立たされた。怒った。泣いた。そして、少し前を向いてみた。新型コロナウイルスが多くの人の暮らし、価値観を変えていく。嗚呼(ああ)-。戸惑い、迷う日々。コロナ禍を生きる人たちの声に耳を澄ます。

伝える

 私、小さいとき、ずっとおかっぱでジャージー姿やってん。妹2人は髪を伸ばして、かわいかった。 ...

文字盤

 私、口では話されへん。 生後、首がすわらなくて、検査したら脳性まひって分かった。 ...

活気は戻るか

 2020年は、役職の給料やボーナスがまともに出ていませんでした。 高校生と中学生の子どもがいるので、それでは厳しい。 ...

引導を渡す日

 今年春まで、北海道内の宿泊施設で働いていました。生まれも育ちもずっと北海道。地元で一生働くつもりでした。 ...

寄り添う

 コロナ患者の受け入れで病院経営は大変かって? 実は、補助金で潤っています。補助金の影響だけではあり ...

命を守る

 コロナ患者を受け入れたのは、仕方なかったからです。 正直、コロナを診たいわけじゃなかった。 ...

さまよう

 国や県がやってることは完全に「居酒屋つぶし」みたいなもんやで。 個人の店に労働組合なんてないし、泣 ...

1日の売り上げ

 3回目の緊急事態宣言はほんまにきついわ。 ゴールデンウイークまでは要請通り、お酒の提供を控えとった ...

ひと安心

 コロナによる不況で、解雇されている人が多いと聞きます。 でも介護現場は相変わらず人手不足。 ...

命を守る

 とうとうウチにも来たか、と思いました。 コロナです。ショートステイで1人目の感染が出て、そこから2人目、3人目と。 ...

新たな挑戦

 青年海外協力隊員の任期途中で帰国した昨春以降は、淡路島の実家の農業を手伝ったり、語学の勉強をしたり ...

赴任の準備

 国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として、2019年から中央アジアのとある国で活動していました。 ...

抵抗

 兵庫県で暮らすミャンマー人は783人(2020年6月時点)。慣れない日本で新型コロナに戸惑いながら ...

支援でしのぐ

 1年前に神戸に来てから、新型コロナで生活は大変でした。 すぐに仕事を探しました。 ...

独裁への抵抗を示す3本の指=4日午後、神戸市中央区、みなとのもり公園

 夢を抱いて降り立った異国の地、日本はコロナ禍の真っただ中だった。学校は開かれない。 ...

雇用保険

 大黒柱の私がコロナ解雇に遭いましたが、娘の大学進学は諦めさせたくありません。 昨年夏、どうしていい ...

仕事探し

 定年まで勤めようと思っていた会社を昨年夏、解雇されました。 ミーティングルームに呼び出され、社長は ...

閑散

 店にインバウンドのお客さんが来るようになって、もう10年になるかな。 最近は欧米人が増えてきた。 ...

冬の夜

 兵庫の緊急事態宣言の再発令、いつ終わるんやろな。 店の外は、そらもう、お客さん少ないわ。 ...

日々勉強

 後期もオンライン授業が続いています。体育も。ストレッチ系ですけど、先生がパソコンの画面越しに動いて ...

授業は遠隔で

 東京の私立大学1年です。 4月、大学からメールで入学式中止の知らせがきて、半月後からオンラインで授業が始まりました。 ...

神頼み

 11月下旬、コロナ以降で初めて、やっと露店を出せました。兵庫県洲本市の厳島神社であった弁天まつりです。 ...

にぎわい遠く

 収入? 例年の10分の1ですよ。ほぼ今年の正月に営業した分だけです。 うちは兵庫県の淡路島で代々続 ...

今も手元に

 東京のシステム会社から突然、入社取り消しを言い渡され、ひどく落ち込みました。その日のうちに転職サイ ...

立ち止まる

 5月末のことでした。 小さな会議室で突然、「今回の採用は見送らせてください」と切り出されたんです。 ...

ボチボチ行こか

 ふじわら 大阪を出て春から東京進出をもくろんでいたのに、7月から草刈りのバイト行ってます。 ...

なんでやねん!

 まさる 僕ら大阪で漫才やってます。コロナがなかったら、相方の「ふじわらボーナス」と一緒にこの春、東 ...

四股を踏む

 8月末、和歌山県の母校の高校に教育実習に行きました。 もし、コロナで教育実習がなくなっていたら、関 ...

集大成のメダル

 にやけます。メダルを見ると。コロナで延期されていた「西日本学生相撲個人体重別選手権」が9月13日に ...

焦燥感

 お店で、ほかの女の子とめっちゃコロナのこと話しますよ。政府の対応とかの話題が多いかなぁ。 ...

私も見て

 神戸市内の風俗店で男性に性サービスを提供しています。コロナの影響、収まりませんね。

訪ねる

 私は25年間、更生センターの職員としてホームレス支援に携わってきました。巡回指導員は4年前からです。

雨の日も

 私は神戸市内を歩き回り、ホームレスの生活や健康、悩み相談を受ける「巡回相談員」です。

渇望

 コロナで仕事がゼロになった。家で発声練習しつつ、1人で山に行って自然と触れ合うようにしてたね。

仕事がなくなった

 全部ゼロになったんだよ。 指導する歌の教室も出演予定のコンサートも、コロナの影響で全て中止。

ネット配信

 コロナ前と後じゃ何もかも違います。ライブは「お客さんの数=ギャラ」やから。 古い話だけど、私が18

歌う

 ライブを再開したのは6月27日の兵庫県の西宮・苦楽園。現場は3カ月ぶりでしたね。

マネキンの手

 私のデパートは4月の緊急事態宣言から1カ月間、休業しました。 5月のゴールデンウイーク明けに一部再

街角で

 デパートで事務系の仕事を担当しています。バーゲンやクリスマスの時期に催事を企画したり、お中元とかの

万全の対策で

 コロナ患者さんの担当になりました。 防護服、マスク、手袋、フェースガード。万全の感染対策で病室に入ります。

患者のもとへ

 3年ほど前から兵庫県内の病院で働いてます。感染病棟に出入りしているので、新型コロナの患者さんもみていました。

取引先へ

 会社の倒産に合わせ、従業員や取引先に通知が郵送されるんです。弁護士からは直接、連絡を取らないように言われていました。

融資も断られ

 会社が倒産しました。 当たり前のものをなくした喪失感は大きいです。 金融機関に融資を申請したけど、断られました。

会社がつぶれる

 コロナの影響で、18年間やってきたアパレル会社がつぶれました。負債は1億円を超えます。

 

天気(10月22日)

  • 19℃
  • 14℃
  • 30%

  • 19℃
  • 11℃
  • 70%

  • 18℃
  • 13℃
  • 50%

  • 19℃
  • 11℃
  • 30%

お知らせ