このページではコースの各ポイントを空間撮影アプリ「fyuse」を使用してランナー目線のコース紹介をします。
【使い方】 パソコンではマウスの左右の動きに合わせてコース画像が動きます。見たいポイントをクリックして、データを読み込んだあとで写真をクリックしたまま左右に動かしてください。スマートフォンでは画像をタップしてから本体を左右に動かしてください。


[1]スタート

市役所前をスタート。込み合う中を走り出すので、ぶつかって転倒しないように注意してください。流れに乗って進みましょう。フラワーロードを埋め尽くす2万人のランナーは壮観です。



[2]元町付近

スタート地点から沿道の応援が続きます。大丸神戸店や、南京町、旧居留地の歴史的な建築物もコース沿いにあり、おしゃれで異国情緒あふれる神戸らしい風景の中を走り抜けます。



[3]長田区・鉄人28号

ランナーからは背中しか見えませんが、若松公園で力強くポーズをとるのは鉄人28号。阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとして注目されています。周辺にはお好み焼き屋さんなどの飲食店も多く、応援の空き時間に訪ねてみてはいかが。



[4]須磨浦公園

10キロを超えたあたりから、海岸のすぐそばを走ります。船が行き交い、遠くには淡路島。晴れた日には、空と海の青さに囲まれる開放感を味わえます。折り返した帰りにも通る潮風が香るポイントです。



[5]垂水区・折り返し地点

神戸と淡路島をつなぐ明石海峡大橋が目の前に迫ります。橋の周辺は県立舞子公園として整備され、移情閣・孫文記念館など見どころがあります。JR舞子駅や山陽電鉄舞子公園駅からも近いため、応援に駆け付ける人には便利なスポットのひとつです。



[6]垂水漁港付近


折り返していよいよ中間地点へ。20キロ付近では小さいけれど2度目の上り、下り坂があります。ここから先は単調なコースが続きます。



[7]須磨海浜水族園

25キロ付近の陸橋を越えると、往路とは違うルートで東へ向かいます。ここからは平坦な道が10キロほど続きます。



[8]兵庫区・ノエビアスタジアム神戸

神戸を拠点に戦うサッカーJ1神戸のホームグラウンド。ランナーにとっては「30キロの壁」を感じる辺り。市営地下鉄御崎公園駅からは広い歩道も整備されています。懸命に走る人たちに熱いエールを送ってください。



[9]神戸ハーバーランド

沿道ではにぎやかな応援が待っています。2013年4月にオープンした大型商業施設「umie」の前をランナーが走ります。35キロ地点は目前です。



[10]神戸大橋

自動車専用道路を一気に駆け上がるハードなコース設定から神戸マラソン最大の難所とされています。疲れ切った足腰には厳しいですが、橋の上まで行けば参加ランナーしか味わうことのできない「絶景」が待っています。橋を渡りきったあとの長い下りも足運びは慎重に。



[11]ポートアイランド・しおさい公園

コンテナヤード跡を再開発したキャンパスエリア。整然と並ぶ大学施設に沿うように公園が続きます。ポートタワーをはじめとした港のシンボルや、緑が広がる市章山、錨山が連なる風景を背中に走ります。ここまで来ればあと一息。



[12]ゴール

市民広場前がゴール地点。最後の直線コースの周辺は声援で包まれるでしょう。走り抜いた喜びを噛み締めてください。


  • 社会
  • 事件・事故
  • 経済
  • スポーツ
  • 教育
  • 医療
  • 文化
  • 生活
  • おでかけ
  • 防災

天気(5月25日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 30%

  • 23℃
  • ---℃
  • 40%

  • 25℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ