三田

  • 印刷
昨年売り出された米まんじゅう。今年も味わえる=三田市駅前町
拡大
昨年売り出された米まんじゅう。今年も味わえる=三田市駅前町

 商店街を盛り上げる師走の風物詩として12日に予定されていた兵庫県三田市の「三田あきんどまつり」が、新型コロナウイルスの感染拡大で中止されることが決まった。中止は2011年にまつりが始まって以来初めて。年に一度しか味わえない名物の和菓子・米(よね)まんじゅう(米饅(よねまん))は、感染防止策を徹底して11~13日、市内の5店舗で販売される。

 商店街代表などによる実行委員会が、11月27日の会議で決めた。新型コロナの感染拡大期に入り、市内でもクラスター(感染者集団)が発生したためという。

 まつりは江戸時代後期から続く「三田せいもん」(誓文払い)が衣替えして始まった。今年も四つの商店街が歩行者天国となり、クイズラリーや福引きなどが企画されていた。

 米まんじゅうは既に予約注文が入っていることもあり、予定通り販売する。きねや菓舗(三田町)と松栄堂(駅前町)のほか、西村清月堂の三輪本店(三輪2)とキッピーモール店(駅前町)、イオン三田ウッディタウン店銘店コーナー(けやき台1)の計5カ所。(高見雄樹)

【マップ】目で見る兵庫県内の感染状況

三田
三田の最新
もっと見る

天気(1月29日)

  • 6℃
  • 1℃
  • 10%

  • 3℃
  • -1℃
  • 70%

  • 7℃
  • 2℃
  • 20%

  • 6℃
  • 1℃
  • 20%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ