三田

  • 印刷
三田市内での撮影に臨んだ新田真剣佑さん(右)、岩田剛典さん。手前が山田杏奈さん=トマト&オニオン三田ウッディタウン店((C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会)
拡大
三田市内での撮影に臨んだ新田真剣佑さん(右)、岩田剛典さん。手前が山田杏奈さん=トマト&オニオン三田ウッディタウン店((C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会)
撮影に使われた座席を紹介する大川真史さん
拡大
撮影に使われた座席を紹介する大川真史さん
作品ポスター
拡大
作品ポスター
映画でも登場する「ヨッチのナポリタン」
拡大
映画でも登場する「ヨッチのナポリタン」

 三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典(たかのり)さんが主演する映画「名も無き世界のエンドロール」(公開中)のロケ地の一つに、兵庫県三田市内のファミリーレストランが選ばれた。店では、劇中で登場したナポリタン・スパゲティを限定メニューとして売り出すキャンペーンを展開。人気俳優と同じ座席で味わおうと店を訪れるファンも多い。(小森有喜)

 映画には新田真剣佑(あらたまっけんゆう)さん、山田杏奈さんら人気俳優が出演。幼なじみの2人が巻き起こす「プロポーズ大作戦」を壮大なスケールで描く物語で、全国100館以上で公開されている。

 劇中で登場するのは、三田市すずかけ台4のファミリーレストラン「トマト&オニオン三田ウッディタウン店」。レストランが所属するグループ会社に映画製作サイドから「ファミレスの場面を撮りたい」と依頼があり、同店に白羽の矢が立った。

 場面は映画中盤、店内奥の座席で高校生時代の役を演じる岩田さんと新田さん、山田さんが仲良く食事する約5分のシーンだ。山田さんがナポリタンにチーズとタバスコ(ペッパーソース)をたっぷりかけて味わう描写がある。

 このナポリタンを調理したのは、メニュー開発担当・大川真史さん。原作小説を購入し、描写を参考にして今回のためだけのナポリタンのレシピを作った。「子どもの頃に近所のレストランで食べた、口のまわりが真っ赤になるような昔ながらのナポリタンをイメージした」。ほどよい酸味と甘みが絡まる、通常メニューよりも赤い濃厚なナポリタンが誕生した。

 撮影が行われたのは2019年8月。何度か撮り直しがあったため、ナポリタンも2、3度作り直した。撮影終了後、スタッフから「山田さんがおいしいと喜んでいた」と伝えられたといい、大川さんは「こだわって作ってよかった」と笑顔で振り返る。

 メニューは、山田さんの役名にちなんで「ヨッチのナポリタン」として、28日まで全国のトマト&オニオン(トマオニ)で提供。大盛り1098円、レギュラー878円。店を訪れるファンは女性の方が多いが、映画と同じ大盛りを頼む人がほとんどだという。

 トマオニでは、映画とコラボしたキャンペーンを展開中。ツイッターアカウントをフォローし、対象ツイートをリツイートした人から抽選で映画の「ムビチケカード」をプレゼント。また店でヨッチのナポリタンを注文し、タバスコとチーズをたっぷりかけた写真を投稿した人の中から、岩田さんのサイン入りポスターなどが当たる。詳細はトマオニの公式ホームページで。

三田
三田の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ