三田

  • 印刷
注目が高まるスポーツ「モルック」を楽しむ愛好家=淡路風車の丘
拡大
注目が高まるスポーツ「モルック」を楽しむ愛好家=淡路風車の丘
競技に使う道具=淡路風車の丘
拡大
競技に使う道具=淡路風車の丘
会を立ち上げた高野毅さん=淡路風車の丘
拡大
会を立ち上げた高野毅さん=淡路風車の丘

 フィンランド発祥のニュースポーツ「モルック」を広めようと、兵庫県三田市の愛好家が団体を立ち上げた。体力でなく技術で競うため、世代や性別に関係なく誰でも楽しめ、国内でも人気が高まりつつある。28日に初心者向けの体験会を企画している。(小森有喜)

 木の棒「モルック」を投げて木製ピンを倒し、本数やピンに書いてある数字で得点を加算。合計得点をチームで競う。ピンまでの距離は3~4メートル程度で、お年寄りでも投げられる。

 会を立ち上げたのは、三田市カヌー協会会長の高野毅さん(69)=同市。自然の中で遊べる遊びを探す中で、モルックを知った。「ちょっとしたスペースと木の棒さえあれば遊べるし、何より老若男女みんなでできる」。カヌー仲間で楽しむようになり、6人で「神戸三田モルックの会」を立ち上げた。

 28日午前9時半から、同市中内神の「淡路風車(かぜ)の丘」で体験会を開く。参加費200円で先着18人。その後も毎月第2土曜に会メンバーが集まる予定で、「足し算ができれば誰でも大丈夫。気軽に体験しに来てほしい」と呼び掛けている。淡路風車の丘TEL079・567・5780

<モルックの主なルール>

▼モルックを下から投げ、1~12までの数字が記された木製ピンを倒す

▼最初は全てのピンが整列した状態でスタート。対戦相手と交互に投げ、倒れたピンはその場に起こす。試合が進むにつれ、ピンはばらけていく

▼1本だけピンを倒したら、書かれた数字、2本以上なら倒れた本数が得点になる。状況に応じ、どう得点を稼ぐのか、狙ったピンを倒せるかが勝敗の鍵を握る

▼チームの合計得点が50点ちょうどになると勝ち。50点を越えた場合は、持ち点25点から再開。3回連続で得点できないと失格になる

三田
三田の最新
もっと見る

天気(4月21日)

  • 22℃
  • 12℃
  • 0%

  • 21℃
  • 8℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

  • 25℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ