三田

  • 印刷
三田市内の大学の新入生を歓迎するために開かれたオンラインイベント=三田市中町
拡大
三田市内の大学の新入生を歓迎するために開かれたオンラインイベント=三田市中町

 兵庫県三田市内の大学に通う新入生らのオンライン交流会が17日、開かれた。当初は市内を巡るバスツアーを計画していたが、新型コロナウイルスの再拡大を受けて延期に。学校に通う機会が激減している新入生が孤立しないよう、急きょ企画した。(土井秀人)

 新型コロナの影響でオンライン講義が中心となるなど、キャンパスライフは一変した。参加した学生たちによると、現在も大学に通えるのは週に1~2回。学生同士で交流できる機会が大幅に少なくなっており、新入生らの孤独感や不安を解消する手だてが求められている。

 交流会は関西学院大神戸三田キャンパス(同市学園2)の学生でつくる「こみんか学生拠点」が主催。同団体はJR三田駅近くの古民家を活用し、学生と社会人が対話するイベントなどを企画してきた。今回はビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使い、関学大の新入生2人と団体メンバーの計5人が参加。対面でないために生じる緊張をほぐすため、それぞれが「私は実は○○です」と自己紹介するなど工夫した。

 最初はぎこちない様子だった参加者も次第に打ち解け、イントロクイズなどのゲームでは歓声が上がった。雑談の時間もあり、大学でやりたいことやサークルの話で和気あいあいと盛り上がっていた。

 参加した新入生の女子学生(18)は福岡県久留米市の出身で、三田市内で1人暮らしを始めたばかり。「高校の友達とズームで話すなどしているけど、ずっと一人だからさみしい。交流会は先輩も話しやすく、ゲームも楽しかった」と話した。

 もう一人の新入生(18)は「友達と一緒に参加できてよかった。先輩との接点ができた」と満足そうだった。

 2年の女子学生(19)は北九州市出身で「去年の入学後、人としゃべらずすごく不安だった。そんな時、こみんか学生拠点で先輩と交流できたことに助けられた。その恩を今年の1年生につなぎたい」と笑顔を見せた。

 今後は三田の町歩きイベントなども計画しており、団体の学生代表を務める3年の藤原拓海さん(20)は「コロナ下でも工夫すればできることがある。新入生が人とつながり、三田の魅力に触れられる場を提供していきたい」とした。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(10月25日)

  • 17℃
  • 14℃
  • 70%

  • 17℃
  • 9℃
  • 50%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ