三田

  • 印刷
「やっぱり野球って楽しい」。グラウンドを見ながら爽やかに笑う=アメニスキッピースタジアム       
拡大
「やっぱり野球って楽しい」。グラウンドを見ながら爽やかに笑う=アメニスキッピースタジアム       
てきぱきと掃除機をかけて、一日がスタート=三田市三田町
拡大
てきぱきと掃除機をかけて、一日がスタート=三田市三田町
洗濯物のしわを伸ばして朝の空気を吸い込む=三田市三田町
拡大
洗濯物のしわを伸ばして朝の空気を吸い込む=三田市三田町

 兵庫県三田市を拠点とする野球のさわかみ関西独立リーグ球団「神戸三田ブレイバーズ」にこのほど、野球をこよなく愛する19歳の女性がスタッフとして加わった。野球に関わりたいと会社勤めを辞めて、ゆかりのない三田に飛び込んだ。試合の運営や球団の事務としてチームを支えようと、選手とともに日々奮闘している。(喜田美咲)

 鳥取県米子市出身の今野美琴さん(19)。現在はアルバイトで週に2日勤務している。試合では場内アナウンスや一球速報を手掛けるほか、普段は選手の寮の清掃や事務仕事にあたる。

 高校1年生の時、テレビでプロ野球の試合を見た。全力で走塁する姿や、状況を見て球種を使い分ける投手の技術に夢中になり、一気にのめり込んだ。一投一打、何が起こるか分からない。何回からでも逆転のチャンスがある。ルールを知れば知るほど、その魅力に取りつかれた。

 高校には野球部がなく、マネジャーにはなれなかった。長い休みには、1人バスに乗り、鳥取から京セラドーム大阪(大阪市)まで試合を見に行った。テレビで試合を見ながら、独学でスコアをつけた。3年生の頃には就職先として球団職員を意識するようになっていた。

 募集を見つけられないまま時間が経過し、一度は東京で事務の仕事に就いた。それでも野球を忘れられず、日々携われる仕事を探した。今年2月、インターネットで神戸三田ブレイバーズのボランティア募集を見つけた。無償だったが、すぐに心は決まった。「アナウンスできます。スコアブック書けます」。ホームページの問い合わせ欄に思いをこめ、送信した。

 その熱意に、川崎大介球団代表が心を動かされた。「球場や球団を使い、若者の夢を応援したい」。無償のボランティアではなく、アルバイトとして雇うことを決めた。

 今野さんがスタッフになり、約1カ月がたった。「周りに教えてもらいながら、なんとかやってます」と控えめに話すが、アナウンスは緊張せずにできるようになった。洗濯の際に通る選手の部屋が散らかっていても「もう慣れました」と笑顔できっぱり。

 球団は5月から、三田市内の小中高校に選手を派遣し、登校時間に校門前に立つ「あいさつ運動」を予定しており、緊張しながら各校へのアポイントメントを取った。新たな仕事も着々とこなしつつある。

 独立リーグの試合は三田で初めて見た。多くの選手がプロを夢見て練習しており、「経験を重ね、いつかプロの球団職員を目指したい」と志を重ねる。選手の必死な背中を見つめ、「いい影響を受けながら一緒に挑戦を続けたい」と誓う。

三田
三田の最新
もっと見る
 

天気(7月31日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 24℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ