三田

  • 印刷
三田市役所=三田市三輪2
拡大
三田市役所=三田市三輪2

 優先接種の対象者でないにもかかわらず、新型コロナウイルスワクチンを受けた問題で、兵庫県三田市の森哲男市長(69)が14日、神戸新聞社の取材に応じた。同市では一般高齢者の集団接種で、予約の電話が極めてつながりにくくなるなど不満が噴出しており、森市長は「私の軽率な行動で市民に不快な思いをさせ反省している。理解を得た上で接種を受けるべきだった」と謝罪した。同日、市民に向けたおわびのメッセージも出した。(土井秀人)

    ◇

 -なぜ先だってワクチンを接種した。

 「コロナに感染すると、2週間は動けなくなってしまう。災害発生時などの危機管理の面で、副市長がいるといえど、最終的な政治判断の責任は市長が取らないといけない。ただ、感染した場合の健康上のリスクはほかの高齢者も同じ。市長として先に受けることについては、危機管理との兼ね合いもあり、非常に悩んでいた」

 -接種することを公表していなかった。

 「はっきり言って失敗だった。市民や市議会に説明し、理解を得てから打つべきだった。反省している。集団接種の電話予約が殺到して非常に不便を掛けている上、私の行動で不快な思いをさせて混乱が生じたことについては、大変申し訳ないと思っている」

 「医療従事者の枠で受けたが、私がそこに入るとは思っていない。医療従事者に準ずる枠の活用があった方がいいとは思っていたが、庁内で仕組み作りをしていなかった」

 -首長は接種すべきか。

 「首長が打つべきかは、危機管理上の観点からも、今後議論が必要になる。三田市だけでなく、ほかの自治体や国にも関係する問題。さまざまな意見もあるだろうし、市長会などでも議論できればと思う」

 「ただ、これには市民の理解が重要だ。まずはワクチン接種を円滑に進めることが私の役目だ」

 -同県神河町長の優先接種が報道された後の接種だ。

 「午前10時ごろに接種できると連絡があり、バタバタの中で接種した。正直に申し上げて、軽率だったと思う」

三田新型コロナワクチン
三田の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ